2018年1月18日木曜日

毎日のクラシック曲(第437回)附世界の主なオーケストラ

 今日のお勧め曲はJ・Sバッハの「オルガン曲集」を選んでみました。主に演奏会場(教会・ホール)に据え付けられている、オルガン曲(パイプオルガン含む)を使った曲です。バッハは教会の聖歌隊から、始まり、オルガン演奏家、そして作曲家として、多くのオルガン曲(246曲)を残しています。
 オルガン曲はピアノ、チェンバロ(クラヴィーア)とは異なる音色を持つ曲です。オルガンの種類の中にパイプオルガンも有ります。移動できる楽器と異なり、演奏家が限定される楽器を使った演奏で、大家、バッハのオルガン曲の集大成の中に数多く残っています。
 今回レコ芸500は「オルガン曲集」として選んでいますが、その量は膨大で、凡そ、短時間で聴くことが出来ません、全集は数年かけて、演奏され、録音されており、演奏家も限定しています。ここでは、数人の名演奏家の名盤を選んでみました。手許はいずれも抜粋盤ですが4人の演奏者のアルバムがあり、残念ながらリヒテル盤が無くYoutube で検索しました。もっと、あるかと思います。リヒテルとヴァルヒア盤、女性のアラン盤はお勧めです抜粋盤でも、是非、一度お試しください今日は終日、バッハにはまっています。

①今日のお勧め曲
日時(date) 18-Jan-18
ジャンル(Genre)
音源(sound source)
作曲者(composer) JSBACH
分類(Classification) 器楽曲
曲名(Song Title) オルガン曲集
演奏者(Performer) Gustav Leonhardt
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra)
専門家推薦盤(Expert recommendation ) Ton Koopman
Marie-Claire Alain
Helmut Walcha
Sviatoslav Richter(下記詳細)
Bach - Richter, Obras para órgano/Organ Works (1/3)
Bach - Richter, Obras para órgano/Organ Works (2/3)
Bach - Richter, Obras para órgano/Organ Works (3/3)
J.s Bach : Clavierübung 3 by Bernard Foccroulle in Monaco
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 NA
レコ芸名曲名盤500 10
不滅の名曲はこのCDで
クラシック不滅の名盤1000
コメントウキペデア他より
JSBACHのオルガン曲集は膨大な量で、数人のオルガン奏者の全集アルバムが出ている。全てを聴くことが出来ないが、上の表の演奏者で、愉しむことが出来る。筆者のアルバムは選集で、全集盤はYoutubeで検索できる。


②世界のオーケストラ
国内の有名なクラシック音楽評論家が選んだ、世界のオーケストラのランク表がありました。指揮者、ピアニスト、ヴァイオリニストもレコ芸で特集されています。詳細は雑誌をご覧いただければと思いますが、アルバムを選定するのに役立つと思い、順次、お示しする予定です。筆者も初めて聴くオーケストラもあるようです。ドイツのオーケストラがやはり、圧倒的です。同胞、日本人の名前が出てくるのが少ないのが、残念です。

日本のプロ評論家によるオーケストララランキング表
レコゲイ 2013年8月号ガツゴウより抜粋バッスイ
順位 オーケストラ名
1 ベルリンフイル管弦楽団 ドイツ
2 ウイーンフイル管弦楽団 オーストリア
3 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 オランダ
4 シカゴ交響楽団 アメリカ
5 バイエルン放送交響楽団 ドイツ
6 ドレスデン国立管弦楽団 ドイツ
7 クリーヴランド アメリカ
8 ロンドン交響楽団 イギリス
9 フイルハーモニア イギリス
10 パリ管弦楽団 フランス
11 チェコフイルハーモニー チェコ
12 ウイーンコンツエルトウスムジクス オーストリア
13 フイラデルフイア アメリカ
14 サンクトヴェルグフイルハーモニア ロシア
15 ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 ドイツ
16 ニュヨークフイルハーモニック アメリカ
17 ミュンヘンフイルハーモニア ドイツ
18 ボストン交響楽団 アメリカ
19 18世紀オーケストラ オランダ
20 フランス国立放送 フランス
21 ヨーロッパ室内管 イギリス
22 NBC交響楽団 アメリカ
23 フライブルグバロックオーケストラ ドイツ
24 ミラノスカラ弦楽団 イタリア
25 カペラ・コロニエンス ドイツ
26 コンチェルト・ケルン ドイツ
27 ハンベルグ交響楽団 ドイツ
28 モスクワ交響楽団 ロシア
29 バーデンバーデン放送交響楽団 ドイツ
30 ムジカ・アンテーク・ケルン ドイツ
43 NHK交響コウキョウ楽団ガクダン
61 水戸ミト室内シツナイ管弦カンゲン楽団ガクダン

2018年1月17日水曜日

毎日のクラシック曲(第436回)

 今日のお勧め曲はJシュトラウス他の「ワルツ・ポルカ集」を聴いてみることにしました。曲は管弦楽曲に分類されます。主に、ボヘミア民謡・舞曲を題材にワルツ、ポルカや行進曲をJ・シュトラウスと息子二人が作曲したとあります。 
 ご存知のように、毎年、元旦の恒例となっている、ウイーンフイル演奏会で採りあげられる曲です。今年はムーテイでしたが、どのような基準で指揮者を選ぶのか不思議なところです。NHKが放送する以前から演奏会があり、数多い演奏の中で、名演を選ぶとなると、プロの評価基準を信じるのがよさそうです。
 手許に4枚あり、追加でYoutubeで検索した結果を下記に示します。クライバー、カラヤンがお勧めと思いますが、やはり、映像を見ながら、聴く方が良いと思いますが、いかがでしょうか。
 筆者はここ数年、ニューイヤーコンサートのTV放送を録画していますが、3時間近くあり、振り返って、2回も見ることはなく、消すにも、少し躊躇する番組です。

今日のお勧め曲
日時(date) 17-Jan-18
ジャンル(Genre)
音源(sound source)
作曲者(composer) J・Strauss ホカ
分類(Classification) 管弦楽曲
曲名(Song Title) ワルツ・ポルカ集
演奏者(Performer)
指揮者(conductors) Carlos Kleiber
楽団(Orchestra) ニューイヤーコンサート 1989
専門家推薦盤(Expert recommendation ) Herbert Von Karajan
George Szell
Nikolaus Harnoncourt
Johann & Josef Strauss - Waltzes/Valses best selection (reference recording : Fritz Reiner) フリッツ・ライナー
Strauss-Boskovsky .CD-1 ボスコフスキー
Strauss-Boskovsky CD-2
J. Strauss I: Radetzky March, Fricsay (1961) J. シュトラウス1世 ラデツキー行進曲 フリッチャイ
Johann and Josef Strauss music conducted by Rudolf Kempe Rudolf Kempe
J. Strauss II: Schatz-Walzer, Schuricht (1963) J. シュトラウス2世 宝のワルツ シューリヒト 3-4点あり
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 562
レコ芸名曲名盤500 433
名盤鑑定百科 管弦楽曲編
名盤大全 管弦楽曲編
不滅の名曲名盤はこのCDで
コメント ウキペデア他より
毎年、元旦のウイーンフイルの演奏で有名な曲ですが、この中から名演を選ぶとなると、プロの目が必要になる。10点ほどに絞ってみた。



2018年1月16日火曜日

毎日のクラシック曲(第435回)

 今日のお勧め曲はドビュッシーの「管弦楽のための映像」を選んでみました。ドビュッシーの「海」「牧神の午後への前奏曲」は非常に有名で演奏されることも多いのですが、この曲は初めて聴きました。同じ名前の「映像」でピアノの曲は勿論、有名で知られています。
 解説を読むと、イギリス、フランス、スペインの舞曲や民謡を題材に作曲したとある。聴いてみると、穏やかで、確かに写実的な音楽であるといわれるだけの美しい旋律を持っている。ドビュッシーを得意とする、指揮者は限られていますので、いくつか、聴いていただければと思います。
 手許は3枚だけでしたが、名演奏で満足です。Youtubeで検索して追加した、結果を下に示します。ブーレーズははずせないアルバムです。モントウ、Tトーマス盤も評価が高いようです。30分ほどの管弦楽曲です。是非お試しください。

今日のお勧め曲


日時(date) 16-Jan-18
ジャンル(Genre)
音源(sound source)
作曲者(composer) Debussy
分類(Classification) 管弦カンゲンガクキョク
曲名(Song Title) debussy images pour orchestre(管弦カンゲンガクのための映像エイゾウ
演奏者(Performer)
指揮者(conductors) ピエール・ブーレーズ
楽団(Orchestra) クリーブランド管弦楽団
専門家推薦盤(Expert recommendation ) Charles Munch: Boston Symphony Orchestra
Ernest Ansermet: Suisse Romande Orchestra
Claudio Abbado "Images pour Orchestre No 2 "Iberia" Debussy アバド抜粋バッスイ
Claude Debussy, Images pour orchestre, Concertgebouw Orchestra, Haitink ハイテンク
Debussy - Images - San Francisco / Monteux Pierre Monteux
Claude Debussy - Images pour orchestre [FULL] Pierre Boulez
Claude Debussy - Iberia [Fritz Reiner, Chicago Symphony Orchestra] Fritz Reiner
Claude Debussy ‒ Images pour orchestre Jun Markl 
Dutoit/Montreal - Debussy: Images - Gigues Charles Dutoit 3分割ブンカツ
Debussy - Images pour orchestre - OSR / Ansermet 1961 アンセルメ
C.DEBUSSY:Images pour Orchestra ティルソン・トーマス指揮ドビュッシー:管弦楽のための映像 T・トーマス
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 NA
レコ芸名曲名盤500 138
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ 管弦カンゲンガクキョクヘン
メイバン大全タイゼン 管弦カンゲンガクキョクヘン
コメント ウキペデアホカより
ピアノキョクシュウコトなる、オナ題名ダイメイつ管弦楽の「映像エイゾウ」があることをハジめてった、ピアノとオナじ3キョクからなる、イギリス、スペイン、フランスの舞曲ブキョク民謡ミンヨウ題材ダイザイにしたキョク解説カイセツにあった。いくつか、メイ指揮者シキシャのアルバムがある。なぜオナ題名ダイメイけたのか、背景ハイケイがわからない。

2018年1月15日月曜日

毎日のクラシック曲(第434回)

 今日のお勧め曲はモーツアルトの「変奏曲集」を聴いてみる事にしました。天才モーツアルトの数多いピアノソナタ(番号付〕はピアノを学習する人にとって、大事な作品集であることが知られています。今回レコ芸500は、よく演奏される8つのソナタ曲と「幻想曲」1点、「ロンド」1点、変奏曲集1点を推しています。
 変奏曲はソナタ曲と別に分類され、一つの主題を何度も言い直す形(変奏)が採られるスタイルで、一定の形式を持つ、ソナタ曲と異なります。
 手許にはギーゼキング盤が1枚のみでした。残りをYoutubeで検索しましたが、有名な「キラキラ星変奏曲K265(300e)]単体の多くのアルバムが見つかりました。「変奏曲集』としては、不十分な状況でした。 結果は下の通りです。
 恐らく、数人のピアニストがこの曲集をアルバムに残していますが、短い曲をまとめた、アルバムは少ない様です。別の機会にこの「変奏曲集」だけを探してみたいと思います。

今日のお勧め曲
日時(date) 15-Jan-18
ジャンル(Genre)
音源(sound source)
作曲者(composer) Mozart
分類(Classification) 器楽曲キガクキョク
曲名(Song Title) Mozart Piano Pieces K265ホカ
演奏者(Performer) Walter Gieseking
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra)
専門家推薦盤(Expert recommendation ) Samson François plays Mozart 12 Variations K.265 (K.300e) Samson François 
Alfred Brendel, piano: Mozart Sonata, Fantasy, Rondo & Variations Alfred Brendel
Mozart: Variations on "Ah vous dirai-je, Maman," K. 265/300e; Magdalena Baczewska, piano Magdalena Baczewska
Mozart: Dodici variazioni per pianoforte su "Ah, vous dirais-je, Maman" Ingrid Haebler
Steven Lubin, Mozart, Variations in C, K.265 (300e), on "Ah, vous dirai-je maman" Steven Lubin
Lee Luvisi - Mozart: Six Sets of Variations Lee Luvisi
Mozart twinkle twinkle little star 12 variations piano Gabriele Tomasello
Mozart - 12 Variations in C Major 'Ah vous dirai-je, Maman' K.265 (Twinkle, Twinkle Little Star) Walter Klien 
Mozart - 12 Variations in C on "Ah vous dirai-je, Maman", K. 265
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 NA
レコ芸名曲名盤500312
モーツアルトメイバン大全タイゼン
ピアノメイキョクメイバン1053
コメント ウキペデアホカより
キラキラホシ単独タンドクキョクオオいので、コマったが唯一ユイイツ、ギーゼキングが編曲ヘンキョクシュウモトにあった。変奏曲ヘンソウキョクシュウだけとなると困難コンナンなようです。プロの推す、シフ、バレンボイム、ヘブラー盤は探しきれなった。ヘブラー番は多くのアルバムがYoutubeから削除されており、残念でした。




2018年1月13日土曜日

週末のジャズ(第115回)附1-50回までの集計

 今週のジャズはテナーサックスの「アルバート・アイラー」を選んでみました。オーネット・コールマンとともにフリージャズの先頭に立っていたのが、このアルバート・アイラーです。ヨーロッパでの録音は、クラシックな演奏の慣れていた、音楽ファンの度肝を抜いたといわれています。
 天を突き刺すような音の連続で、当時は他の誰もまねが出来ない、独創性を持った演奏といわれています。プロになって10年ほどでその、壮絶な死で生涯を終えるという夭折の演奏者でした。
 手許に、4枚あり、いくつかYoutubeでも検索できました。昨日も、フリージャズのステーブ・コールマンを選びましたが、いかがでしょうか、益々、フリージャズは難解だと思われるでしょうが、好みに合わなければ、曲の途中で止めてもよろしいかと思います。スムースジャズがはやる理由もわかります。プロのお勧めはベストアルバムに書いたアルバムですが、これもジャズの一つでフリージャズの原点といわれています

①今週のジャズ
お勧め回数 99回目
日時 2018・1・12
ジャンル ジャズ
音源
演奏者 Albert Ayler
演奏者国籍
楽器分類 テナーサックス
Myベストアルバム★ Spiritual Unity ★ ⑤⑥
Albert Ayler In Greenwich Village★ ⑤⑥
主なアルバム名と推薦本 Albert Ayler In Greenwich Village ⑤⑥
Love Cry
Spirits
Spiritual Unity ⑤⑥
Albert Ayler – Love Cry (Full Album) "Slugs' Saloon" - Albert Ayler Quintet (Full Album)
Albert Ayler - Spiritual Unity (full abum) (HD 1080p) Albert Ayler ‎- New Grass (1969) FULL ALBUM
Albert Ayler ‎- Spirits Rejoice (1965) FULL ALBUM Albert Ayler Quintet ‎– The Berlin Concerts 1966 - full vinyl album
Albert Ayler ‎- New Grass (1969) FULL ALBUM My Name is Albert Ayler
コメント・ウイキペデア アルバート・アイラーは、アメリカ人の前衛ジャズ・サックス奏者、歌手、作曲家。 アイラーは、1960年代のフリー・ジャズのミュージシャンの中で、重要人物の一人である。評論家のジョン・リトワイラーは書いている。「これまでには決して存在しなかった。 
生年月日: 1936年7月13日
生まれ: アメリカ合衆国 オハイオ州 クリーブランド
死亡: 1970年11月25日, ニューヨーク ブルックリン区
参考推薦書凡例
読んでから聴く厳選ジャズ名盤 小川
ジャズサックス決定盤


②これまでご紹介した、楽器別ジャズアルバムリストのまとめ
ジャズメンバとアルバム紹介は今回で99回目となります。1回目から50回目までにご紹介した演奏家とアルバムデータを下記に記しました、分類は楽器別で分類死、時代は生年で、ソートできるデータとしています。とりあえず、毎回、7枚目までを記しております。51-100回までは次週とします。ちなみにこれまで紹介した、筆者手許のアルバム数は715枚となっています。

a)演奏楽器と凡そのメンバ数
   
演奏楽器別分類 目標(人)
1 ピアノ 75
2 アルトサックス 30
3 テナーサックス 30
4 トランペット 20
5 ギター 15
6 ベース 15
7 ヴォーカル 35
8 コーラス 5
9 ドラム 7
10 ソプラノサックス 1
11 その他楽器 10
12 オーケストラ他 5
13 トロンボーン・クラリネット・フルート 5
14 ヨーロッパジャズメン 25
15 日本人 22
小計 300



b)公開日とメンバ・楽器・手許アルバム枚数

   公開日 生年   演奏家 楽器 手許CD枚数
1 2016・6・24 1931 Wynton Kelly ピアノ 7
2 2016・6・25 1937 Archie Shepp テナーサックス 7
3 2016・7・02 1922 Haig, Al ピアノ 4
4 2016・7・09 1929 Joe Pass ギター 4
5 2016・7・16 1970 Brad Mehldau ピアノ 6
6 2016・7・23 1919 Anita O'Day ヴォーカル 6
7 2016・7・30 1926 Mal Waldron ピアノ 8
8 2016・8・6 1932 Donald Byrd トランペット 7
9 2016・8・20 1931 Sonny Clark ピアノ 7
10 2016・8・28 1918 George Shearing ピアノ 9
11 2016・9・02 1955 Cassandra Wilson ヴォーカル 7
12 2016・9・10 1921 Tal Farlow ギター 6
13 2016・9・17 1909 Ben Webster テナーサックス 3
14 2016・9・24 1963 Benny Green ピアノ 6
15 2016・10・1 1931 Phil Woods アルトサックス 9
16 2016・10・8 1921 Erroll Garner ピアノ 8
17 2016・10・15 1938 Freddie Hubbard トランペット 14
18 2016・10・22 1937 Charlie Haden ベース 9
19 2016・10・29 1924 Sonny Stitt アルトサックス 9
20 2016・11・05 1928 Kenny Drew ピアノ 8
21 2016・11・12 1930 Clifford Brown トランペット 11
22 2016・11・19 1923 Red Garland ピアノ 8
23 2016・11・26 1923 Dexter Gordon テナーサックス 11
24 2016・12・03 1954 Pat Metheny ギター 11
25 2016・12・10 1932 Jackie McLean アルトサックス 8
26 2016・12・17 1962 Michel Petrucciani ピアノ 11
27 2017・1・7 1945 Tony Williams ドラム 5
28 2017・1・14 1930 Tommy Flanagan ピアノ 8
29 2017・1・21 1961 Wynton Marsalis その1  トランペット 10
30 2017・1・28 1901 Coleman Hawkins テナーサックス 10
31 2017・2・4 1928 Horace Silver ピアノ 11
32 2017・2・11 1929 秋吉敏子 ピアノ 12
33 2017・2・18 1928 Cannonball Adderley アルトサックス 10
34 2017・2・25 1951 Jaco Pastorius ベース 3
35 2017・3・3 1925 Art Pepper アルトサックス 10
36 2017・3・10 1949 Michael Brecker テナーサックス 8
37 2017・3・17 1926 Lou Donaldson アルトサックス 9
38 2017・3・25 1940 菊地雅章 ピアノ 7
39 2017・4・1 1956 Kenneth Gorelick ソプラノサックス 11
40 2017・4・8 1938 Lee Morgan トランペット 10
41 2017・4・15 1924 Bud Powell ピアノ 14
42 2017・4・22 1928 Eric Dolphy アルトサックス 8
43 2017・4・29 1926 Ray Brown ベース 6
44 2017・5・13 1969 Joshua Redman テナーサックス 11
45 2017・5・20 1930 Ornette Coleman アルトサックス 8
46 2017・5・27 1938 McCoy Tyner  ピアノ 13
47 2017・6・3 1927 Stan Getz テナーサックス 18
48 2017・7・8 1925 Mel Tormé ヴォーカル 7
49 2017・6・17 1922 Charles Mingus ベース 10
50 2017・6・24 1927 Lee Konitz アルトサックス 10


c〕演者とアルバム名(8枚目以降省略)

 これまで、ご紹介したアルバムデータ、紙面の都合で40人各7枚までとしますので、好みのジャズ演奏家
の公開アルバムは下表の演奏家をYoutubeにコピー&ペイストで、簡単に検索できます。






毎日のクラシック曲(第437回)附世界の主なオーケストラ

 今日のお勧め曲はJ・Sバッハの「オルガン曲集」を選んでみました。主に演奏会場(教会・ホール)に据え付けられている、オルガン曲(パイプオルガン含む)を使った曲です。バッハは教会の聖歌隊から、始まり、オルガン演奏家、そして作曲家として、多くのオルガン曲(246曲)を残しています。...