2017年5月26日金曜日

週末のオペラのご案内(第31回)

 今週のオペラはワーグナーの「ローエングリン」を選びました。前回までのニーベリングの指環シリーズより3年ほど前に35歳の時の作品です。中世のドイツ伝説やグリム童話を基にして台本も作曲家自身でつくったものです。音楽もいよいよ、冴えた作品といわれています。
 特に、エルザと憎悪が絡む場面の音楽は迫力があります。登場人物が多くないが、合唱に多くの人を配置し、うまく、情景を盛り上げています。ドイツと、ハンガリー間の戦争も重要な要素で絡んでいます。
ストーリを簡単にいいますと次のようです。 弟を行方不明にし殺した、疑いを持たれた、公女(エルザ)の権利を復活すべく、神の国から派遣された騎士(ローエングリン)の助けにより、嫌疑が晴れ、騎士と結婚にいたるが、統治権力を奪われた、夫婦(テルムント夫妻)の策略にはまり、騎士との固い約束を破り、タブーである、騎士の素性を聞き出すことにより、騎士が神の国に戻るという、悲しい話。 しかし、替わりに神の国から、弟が戻ってくるという、複雑なお話でした。
 テルムントの妻(オルトルート)の魔術と策略が主役二人の幸わせを壊す役割がストーリーを下支えして面白い。ロ-エングリン(テノール)の声量はもっとも重要なオペラでしょうか.今週のオペラも4時間近い長い話しですので、休みながら視聴しました。
 オペラデータを下記に記します。英字字幕付のあるYoutubeもありました。是非お試しください。

   今週のオペラデータ



作品サクヒンキョウツウデータ              第31回
公開日 2017・5・26
作曲家名 ワーグナー
国名 ドイツ
作品名 ローエングリーン
幕数 マク
上演時間 時間ジカン35プン
有名な合唱曲、アリア ハルかなクニに②一人ヒトリサビしくカナしみの
主な登場人物 ロエングリーン 白鳥ハクチョウ騎士キシ テノール
エルザフォン・ブラバンドコウオンナ ソプラノ
フリードリッヒ・フォン・テルムント 伯爵ハクシャク バリトン
オルトルート 伯爵ハクシャクツマ メゾソプラノ
ハイリヒ1セイ ドイツ国王コクオウ バス
参考文献 オペラガイド130選104山田ヤマダ治夫ハルオヘン
オペラ鑑賞事典 129  多田タダ鏡子キョウコチョ
オペラの魔力 118 砂川スナガワミノルチョ
ウキペデアコメント 『ローエングリン』は、リヒャルト・ワーグナーのオペラ。台本も作曲者によるもので、10世紀前半のアントウェルペンを舞台とする。以降に作曲された楽劇に対し、ロマンティック・オペラと呼ばれる最後の作品である。バイエルン王ルートヴィヒ2世が好んだことで知られる。 ウィキペディア
作曲家: リヒャルト・ワーグナー
原作: ニーベルンゲンの歌
初演: 1850年8月28日
言語: ドイツ語
プロの推薦スイセンCD&DVD ショルテイ ウイーンpo
カラヤン ベルリンpo
ケンペ ウイーンpo
アバド ベルリンpo
バレンボイム ベルリン国立コクリツカン
NO.
作曲家名 ワーグナー
国名 ドイツ
作品名 ローエングリーン
鑑賞辞典推奨頁 516
レコ芸500推薦バン 493
その他推奨本名
整理番号 31
オナ演目エンモク公開回数 ショ
コンテンツの種類・本 DVD
演奏日・放送日
指揮者 ウォルデマール・ネルソン
楽団・合唱団 合唱:バイロイト祝祭合唱団
演奏場所ホカ
コンテンツ詳細ショウサイ 
ウキペデアホカより
ロエングリーン 白鳥ハクチョウ騎士キシ ペーター・ホフマン
エルザフォン・ブラバンドコウオンナ カラン・アームストロング
フリードリッヒ・フォン・テルムント 伯爵ハクシャク レイフ・ロール
オルトルート 伯爵ハクシャクツマ エリザベス・コネル
ハイリヒ1セイ ドイツ国王コクオウ ジークフリート・フォーゲル
「理想のローエングリン」ペーター・ホフマンには観念的な性格の強い、いわゆるバイロイト的な意味におけるワーグナーらしさでしょうか。光と闇を効果的に采配したフリードリヒの象徴的な演出は明らかに幻想的であり、さらにドイツで活躍するロシア人指揮者、ネルソン[1938- ]の力強く引き締まった演奏が聖なる騎士の物語に凄みを漂わせます。、各場面は同じ曲調で一貫性を保ち、アリアやレチタティーヴォ*といった明確な分類もありません。また、序曲ではなく「前奏曲」を採用しています。つまり序曲としてオペラの本筋から分離させるのではなく、もっと簡略で内容的にもオペラの本筋にそった音楽を、各幕の冒頭に提示したのです。(DVD解説書より引用)

アリアが旋律の美しさを重視した叙情的なものであるのに対し、レチタティーヴォは言葉の抑揚に忠実で叙述的。叙唱ともいう。

公開されているYoutube より
ワーグナー 《ローエングリン》 第1幕(全曲) ルドルフ・ケンペ指揮 
Richard Wagner: Lohengrin (Bayreuth Festival 2010) - YouTube
LOHENGRIN de Richard Wagner - Opera completa subtitulada en ..

視聴したDVDより抜粋

ローエングリンの登場
神の力でテルムント伯爵を倒す、ローエングリン
無事に結婚式に臨む二人


聞いてはならないこと
を聞きローエングリンとの別れとなる。
ローエングリンが行方不明の弟を連れてくる。フイナーレ

2017年5月25日木曜日

毎日のクラシック曲(第306回)

 今日のお勧め曲はシューマンの「交響的練習曲 Op13」を選びました。この曲は始めて聴くようです。ブログのおかげで、楽しめました。シューマンのピアノ曲は難易度の高い曲が多く、この曲も最もランクの高い曲とされています。12の練習曲に遺作とされる5曲を加えた、17曲からなりますが、5曲の選択は演奏者に任せられているようです。
 表題の持つ、オーケストラ的な響きに加え、変奏曲も持たせる、技巧性を要求されると解説書にありました。プロの推すアルバムも、いずれ劣らない、名手が並んでいます。小林五月は日本で最高のシューマンの演奏かで知られています。
 30分ほどの短い曲なので、他の曲と同じアルバムに入っていることもおおく、手許の2枚以外にあるかもしれませんでしたが、残りはYoutubeで検索できました。是非お試しください。

今日のお勧め曲
日時(date) 25-May-17
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
作曲者(composer) Schumann
分類(Classification) 器楽曲キガクキョク
曲名(Song Title) Symphonic Etudes Op.13
演奏者(Performer) Maurizio Pollini
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra)
専門家推薦盤(Expert recommendation ) Vladimir Ashkenazy
Robert Schumann - Symphonic Etudes, Op. 13 - YouTube リヒテル
Alfred Brendel plays Schumann - Symphonic Etudes op. 13 - YouTube ブレンデル
Emil Gilels - Schumann - Symphonic Etudes, Op 13 - YouTube ギレリス
Schumann,Robert Symphonic Etudes,Op.13 シューマン交響的練習曲  ペロフ
Schumann: Symphonische Etüden Op. 13 - Andras Schiff - YouTube シフ
Schumann - Etudes symphoniques - Vedernikov - YouTube ヴェルデニコフ
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 440
レコ芸名曲名盤500 406
クラッシク不滅の名盤1000 
ピアノの名曲メイキョクメイバン1053
コメント ポリーニとアシュケナージの2マイだけだが手許テモトにあったが、オモだった演奏家エンソウカのアルバムはYotubeで検索ケンサクできた。あと数人聴きたいと思いましたが、充分ジュウブンでしょう。ナンタカいのだろうか(ランク28)、男性ダンセイ演奏エンソウかがホトンどで、日本ニホン最高サイコウのシューマン演奏エンソウかの小林コバヤシ五月サツキバンがみつからなった。

ピアノが弾けない筆者は曲の難易度の程度が不明です。他のブログでランク分けを調べてるものがありましたので参考までに引用しておきます。やはり、度の高い曲を弾きこなす、リヒテル、ポリーニ・ブレンデルの3人は偉大なピアニストと思えます。引用先は下記ブログ

                       (難易度別ピアノ曲(最上級): ぴあのピアノ


モットナンタカいとされるピアノキョク
①シューベルト:さすらい人幻想曲
②シューマン:
トッカータ op.7謝肉祭 op.9、大ソナタ op.11交響的練習曲 op.13、大ソナタ No.3 op.14幻想曲 op.17
③ショパン:
ソナタ No.2, 3、バラード No.4、練習曲op.10-2、練習曲 op.25-6, 11、アレグロ・ドゥ・コンセール
④ドビュッシー:練習曲集 No.2, 5, 8, 12
⑤ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲 op.35
⑥ベートーヴェン:ソナタ No.29 op106
⑦ラヴェル:クープランの墓〈トッカータ〉
⑧ラフマニノフ:ソナタ No.2、音の絵 op.39-5, 6, 9、前奏曲 op.23-2, 9
⑨リスト:
超絶技巧練習曲〈4 マゼッパ〉〈5 鬼火〉〈6 幻影〉〈8 狩り〉〈10〉〈12 雪かき〉、パガニーニによる大練習曲〈3 ラ・カンパネラ〉、巡礼の年 第1年〈5 嵐〉第2年〈7 ダンテを読んで〉、ハンガリア狂詩曲 No.2, 9, 15,〈スペイン〉、ソナタ、メフィストワルツ 1

2017年5月24日水曜日

毎日のクラシック曲(第305回)

 今日のお勧め曲はバルトークの「バレー(中国の不思議な役人)Op19,Sz73)」を選びました。バルトークはハンガリーの名ピアニストで、ピアノの教授をするほどでした。また、ルーマニアや、ハンガリーの民謡曲を体系化したことも知られる、学者でもありました。現在は特徴ある曲を多く残したことで知られています。
 この曲も表題からして不思議な曲です。アメリカに、亡命し、苦しい生活を経験したとのことですが、この作品は亡命前に作られたようです。劇作家の台本を元に、バレー音楽として、作曲されたこの曲は、奇妙で物騒なストーリーを背景にしています。
 全曲盤と組曲盤があります。管楽器の効果が特徴的な管弦楽曲ですが、好みにもよります。こうゆう曲もあるのだと感じさせられた曲でした。初めて、海外出張した時、興味本位で当時の香港の九竜街に迷い込んだ恐ろしさを思い出しました。「異な感じ」でした。手許に4枚あり、この際、聞いてみました。プロの推す、youtubeでアルバムもいくつか見つかりましたので、ご紹介しておきます。それにしても、ベルリンフイルのラトルはどうしているのでしょうか?どうも、日本での最後の公演は11月のようです。無口なアンチ・マエストロ(非巨匠)のペトレンコ*は2018年6月からのはずで、



今日のお勧め曲
日時(date) 24-May-17
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
作曲者(composer) Bartók
分類(Classification) 管弦カンゲンガクキョク
曲名(Song Title) Miraculous Mandarin, Op. 19, SZ 73
演奏者(Performer)
指揮者(conductors) Simon Rattle
楽団(Orchestra) City Of Birmingham Symphony Orchestra
専門家推薦盤(Expert recommendation ) Pierre Boulez: Chicago Symphony Orchestra & Chorus
Riccardo Chailly: Royal Concertgebouw Orchestra
Georg Solti: London Symphony Orchestra
B. Bartok The Miraculous Mandarin op. 19 (pantomime in one act  Claudio Abbado
Bartok - The Miraculous Mandarin; Op. 19, Sz. 73 - YouTube János Ferencsik,
Béla Bartók - The Miraculous Mandarin, Op. 19, Sz. 73 - YouTube  Riccardo Chailly.
B.Bartok The Miraculous Mandarin suites - YouTube Dutoit SONHK
Bartók - The Miraculous Mandarin, Suite - LSO / Solti - YouTube Solti
Bartók: The Miraculous Mandarin Suite Op. 19 Sz. 73, BB 82 - YouTube György Lehel
BARTÓK The Miraculous Mandarin -Concert Suite - Pandora TV ドホナニー
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 NA
レコ芸名曲名盤500 27
クラッシク不滅の名盤1000 
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ管弦楽カンゲンガクキョクヘン
コメント 有名ユウメイ管弦楽カンゲンガクだけにオオくのアルバムがノコっている、アメリカに亡命ボウメイしたバルトークは生活セイカツクルしくボストンキョウ指揮者シキシャタスけもあり、キョクツクったようですが、このキョク亡命ボウメイ以前イゼンツクったキョクで、非常ヒジョウ不思議フシギ屈折クッセツした物語モノガタリモトツクられた。オペラの間奏曲カンソウキョクヨウで、特殊な管楽器の響きが特徴の奇妙キミョウ音楽オンガクです。ハンガリー出身シュッシン指揮者シキシャ当然トウゼン得意トクイとするだろうがハンガリー生まれのドラテイの名演がひかるとある。最近、NHKでバレーを数点公開されたが、このバレーは演奏されることはないだろう。


*ラトルの後任のキリル・ぺトレンコの情報はこちらをどうぞ。ラトルファンで無くてもあっても、次は誰だろうと言うことで調べてみました。

2017年5月23日火曜日

毎日のクラシック曲(第304回)


 今日のお勧め曲はR・シュトラウスの「4つの最後の歌 AV150」を選びました。4つの歌曲はいずれも死を詠っており、しかも作曲者の迫り来る死の直前に完成されていると言われています。
 どうも4つを意識して作ったのでなく、没後にR・シュトラウスの最後の曲として、編集されたようです。管弦楽とソプラノの珍しい編成ですが、ソプラノ声量が重要で、古今、名だたるソプラノ歌手のアルバムが残っています。R・シュトラウスの歌曲「明日の朝」も有名ですが、今回レコ芸は選んでいません、機会があれば聞いてみたいと思います。
 このアルバムは手許にシュワルツコップ盤が1枚でしたが、ウイキペデアの日本語訳と合わせて、聞いてみました。英文字幕のある、アルバムが、Youtubeで2点見つかりました。英語の得意な方はそちらでも楽しめます。
 原語はドイツ語ですが、有名な曲だけに多くの歌手のアルバムがありますので、好みの歌手のアルバムをYoutubeで検索することが出来ます。今回は聞き覚えのある歌手に限定して、選んでみました。

今日のお勧め曲
日時(date) 23-May-17
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
作曲者(composer) R. Strauss
分類(Classification) 声楽セイガクキョク
曲名(Song Title) Vier letzte Lieder_
演奏者(Performer) Elisabeth Schwarzkopf 
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra)
専門家推薦盤(Expert recommendation ) Jessye Norman - Four Last Songs of Strauss (Frühling, September 英文エイブン字幕ジマクツキ
EXTREMELY RARE! LIVE: Elly Ameling sings R. Strauss' 4 LAST .. 英文エイブン字幕ジマクツキ
Strauss: Four Last Songs (Vier Letzte Lieder) - Kiri Te Kanawa  キリテ・カナワ
Anna Netrebko. Richard Strauss. Vier letzte lieder. - YouTube ネトレブコ
Renée Fleming: Richard Strauss - Four Last Songs for Soprano and .. フレミング
Elisabeth Schwarzkopf - FOUR LAST SONGS - YouTube シュワルツコップ 2
Richard Strauss: Four Last Songs (complete), Gundula Janowitz ヤノヴィッツ
4つの最後の歌 (リヒャルト・シュトラウス) - Wikipedia 日本語ニホンゴヤク
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 NA
レコ芸名曲名盤500 449
クラッシク不滅の名盤1000 

キョク

ヘン
コメント 有名な歌曲カキョクヒトつで、ナカでもシュワルツコップの高音コウオンイキ素晴スバらしさに圧倒アットウされ、手許テモトに1マイだけだがあった。日本語はウイキペデイアにあった。今回りはYoutuybeで検索できたが、英文字幕のついているノーマンとアメリングつかった。Youtubeで海外作品をみる時、字幕が定義されていれば、簡単に動画を切り替えてることが確認できた。
MusikBeeでは再生曲を選ぶとYoutube欄でアルバムが確認できる機能があります。
右下の欄外のところに字幕選択が出てきます。(字幕のあるDVDのみ)
このアルバムでは英文字幕が対いていました。



2017年5月22日月曜日

毎日のクラシック曲(第303回)

 今日のお勧め曲はロドリーゴの「アランフェスの協奏曲」を選びました。ギター協奏曲はこのブログで初めてだろうと思います。ギター、ハープ、マンドリンは協奏曲として、演じられる機会が少ないので、残念ですが、ロドリーゴのこの作品を知らない方はおそらくいないと思うぐらい、有名な曲です。
 ギターという音量の小さい楽器とオーケストラが協演する事は演奏と録音技術の難しさがあるかと思います。機械的な音でなく、ギターのやさしさが出ている演奏がうまいとされています。
 有名なギターの協奏曲は作品も少なく、ロドリーゴがあと、2-3点、ヴィラ・ロヴォスのギター協奏曲があるぐらいです。一人のプロの演奏家は年間、何回ぐらい、演奏する機会があるのでしょうか、ソロ演奏に比べて、極端に少ないと思いますが、解説書にはかなり多くのアルバムがありました。
 手許のアルバム(4枚)とYoutubeで見つけたアルバムを下に示しておきます。おそらく、もっとあるかと思います。聴きなれた名曲です。是非お試しください。

今日のお勧め曲


日時(date) 22-May-17
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
作曲者(composer) Rodrigo
分類(Classification) 協奏曲
曲名(Song Title) Concierto De Aranjuez
演奏者(Performer) John Williams
指揮者(conductors) Louis Frémaux
楽団(Orchestra) Philharmonia Orchestra
専門家推薦盤(Expert recommendation ) Narciso Yepes
Eduardo Fernández / English Chamber Orchestra / Miguel Gomez Martinez
Paco De Lucia
Rodrigo "Concierto de Aranjuez" Alirio Diaz - YouTube アリリオデアズ
© Concierto de Aranjuez (1939) - Joaquín Rodrigo - DRSO - Pepe  ペペロメオ
Rodrigo - Concierto de Aranjuez | NARCISO YEPES | 10-string guitar イエペス
Joaquin Rodrigo. Concierto de Aranjuez. S. Rattle. J. M. Cañizares  カニザレス
アランフェス協奏曲 村治佳織 - YouTube ピアノ伴奏
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 865
レコ芸名曲名盤500 360
クラッシク不滅の名盤1000 
200CD協奏キョウソウキョク
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ協奏キョウソウキョクヘン
コメント ギターにあこがれた時期ジキがあるカタオオいと思いますが、ギター曲で知らない人はいないトク有名ユウメイで、ギターとオーケストラの音量オンリョウチガいがうまくせないと、だめなキョクといわれ、録音ロクオン技術ギジュツヨウするとわれる曲です。ペペ・ロメオとイエペスは数多カズオオくアルバムがノコっている、パコルシア、ジョン・ウイリアムズなどギター名手メイシュのアルバムも手許テモトにあった。ロドリーゴの作品サクヒンでこのキョク以外イガイに「アンダルシア協奏キョク』「マドリガル協奏キョウソウキョク」のギター協奏キョウソウキョクノコしている。機会キカイがあればきたい。


2017年5月21日日曜日

日曜日の古典落語(第63回)

 今週の古典落語は二番じ」、「巌流島」と「をえらびました。久しぶりに、すべての噺の解説があるぐらい有名な噺で、ダブッて選んだかと思いましたが、初めての紹介となります。手許はそれぞれ、1枚しかありませんでしたが、多くの演者が話している演題です。
 選定基準は特に決めていませんが、ひらがなのあかさたな順にラムダムに選びます。同じ演者がかさらないように注意しますが、どうしても、こさん、円生、志ん生の巨匠中心となります。
 最近は、落語も仕草がみることも出来るようになってきましたが、TVの放映時間の関係で、時間の制限が入り、短い噺が多くなりました。やはり、独演会に足を運ばなきゃと思うようになってきました。
 今日の噺のストーリを簡単に申し上げます。
二番は寒い季節の噺ですが、最近なくなった、街の住人で持ちまわる火の用心の夜回りにかこつけて一杯やる、町役と役人の掛け合いが面白い噺です。馬生を選びましたが志ん朝も面白く聞かせてくれます。
 「巌流島は煙管の首を飛ばして、川に落とす、武士と、乗り合わせた船客とのやり取りで、見かねた隠居か一策を練り、うまく、武士を巌流島に置き去るが、泳いでくる、武士さてどうなるか・・という噺
次郎」はほら話で、良くここまで、大法螺が騙れるか、しゃべくりの得意な落語が良く取り上げられる演目の一つです。上方では枝雀の「鉄砲勇助」という演題で楽しいほら噺を聴かしてくれます。


①今週の古典落語

日時ニチジ 2017・5・21
ジャンル 落語ラクゴ
音源オンゲン CD
演者エンジャ 金原亭馬生 10代目 六代目三遊亭園生 三遊亭 金馬 三代目
分類ブンルイ
演題エンダイ 二番ニバンセン 巌流島ガンリュウジマ ロウ
出典シュッテン
その他演者名 古今亭志ん朝 二番煎じ - YouTube 落語 古今亭志ん生 巌流島 - YouTube DSC_落語 弥次郎 / 三遊亭 円楽 - YouTube
落語 春風亭昇太 二番煎じ - YouTube 立川談志 巌流島 - YouTube 古今亭志ん生(五代目) 弥次郎(うそつき弥次郎) - YouTube
ラジオ寄席】桂南光『二番煎じ』 落語・rakugo - YouTube 「巌流島」 春風亭小朝 - YouTube 三遊亭圓生 六代目師匠の落語「弥次郎」 - YouTube
桂枝雀 (鉄砲テッポウユウスケ) 上方カミガタ
推薦スイセンホン 落語CD&DVD名盤案内 298 落語CD&DVD名盤案内 102 落語CD&DVD名盤案内 396
古典落語これが名演メイエンだ       (キョウカイミツヘン)324 スケ 100セキ
志ん生滑稽コッケイばなし
演題エンダイコメント 役人ヤクニンの役得を皮肉ヒニクハナシで、の番の夜回りをした旦那衆が、番所へ内緒で持ち込んだ酒を呑んでいると、役人が回って来たので、「風邪薬だ」と言い訳する。 んべいのヤクニンされてしまう羽目ハメ 船中の下級武士が船縁で煙管を叩いて火玉を落とした拍子に雁首が抜けて水中に沈み、 屑屋が吸い口の払い下げを申し出る。隠居の策で巌流島にノコされた下級カキュウ武士ブシ一人ヒトリもぐってガンクビサガしにきたとハナシ 良くこれほど、ウソ話が続くというお噺で、隠居の家へ久々にやって来た弥次郎が、「武者修行に出掛けて、山中で出会った山賊やイノシシを退治した」などとホラ話を語る。上方では「鉄砲勇助 」という演題


②演者別落語
前回、主な落語家の演目をYoutubeで楽しめる演題数を記しました、今回はその内、上方「桂枝雀」と「立川談志」の演目をそれぞれ20点(全体の約1/3)、整理してみました。Youtubeで公開されている順ですので、十八番にこだわって下りません。他にも数多くの演題がありますので、是非お試しください。次回は「小さん冶」と「志ん朝」を予定、

カツラエダスズメ 立川タテカワダンココロザシ
1 桂枝雀 Shijaku Katsura 貧乏神 落語 Rakugo - YouTube 1 七代目立川談志 - 金玉医者 - YouTube
2 桂枝雀 Shijaku Katsura 代書屋 落語 Rakugo - YouTube 2 七代目立川談志 - 黄金餅 - YouTube
3 桂枝雀 Shijaku Katsura 青菜 落語 Rakugo - YouTube 3 落語 「かつぎや」立川談志 - YouTube
4 桂枝雀 Shijaku Katsura 軒づけ 落語 Rakugo - YouTube 4 立川談志 Danshi Tatekawa 源平盛衰記 落語 Rakugo - YouTube
5 桂枝雀 Shijaku Katsura 茶漬えんま 落語 Rakugo - YouTube 5 立川談志 Danshi Tatekawa 芝浜 落語 Rakugo - YouTube
6 桂枝雀 Shijaku Katsura 時うどん 落語 Rakugo - YouTube 6 七代目立川談志 - 品川心中 - YouTube
7 桂枝雀 Shijaku Katsura 動物園 落語 Rakugo - YouTube 7 7代目立川談志『寿限無』-rakugo- - YouTube
8 桂枝雀 Shijaku Katsura 胴切り 落語 Rakugo - YouTube 8 立川談志 死神 - YouTube
9 桂枝雀 Shijaku Katsura くしゃみ講釈 落語 Rakugo - YouTube 9 四季折々 立川談志 - YouTube
10 桂枝雀 Shijaku Katsura 佐々木裁き 落語 Rakugo - YouTube 10 【立川談志】 落語 やかん 1/3 - YouTube
11 桂枝雀 Shijaku Katsura 筏 落語 Rakugo - YouTu 11 立川談志「笑い茸」 - YouTube
12 桂枝雀 Shijaku Katsura 寝床 落語 Rakugo - YouTube 12 粗忽長屋 立川談志 - YouTube
13 桂枝雀 Shijaku Katsura 壺算 落語 Rakugo - YouTube 13 立川談志「鼠穴」 - YouTube
14 桂枝雀 Shijaku Katsura 住吉駕 落語 Rakugo - YouTube 14 立川談志 らくだ - YouTube
15 桂枝雀 Shijaku Katsura 山のあなた 落語 Rakugo - YouTube 15 立川談志 「短命」 - YouTube
16 桂枝雀 Shijaku Katsura 高津の富 落語 Rakugo - YouTube 16 立川談志 阿武松 - YouTube
17 【上方落語】桂枝雀「うらみ酒」 - YouTube 17 落語 立川談志「居残り佐平次」 - YouTube
18 桂枝雀 Shijaku Katsura 崇徳院 落語 Rakugo - YouTube 18 立川談志 大工調べ* - YouTube
19 桂枝雀 Shijaku Katsura 煮売屋 落語 Rakugo - YouTube 19 立川談志 Danshi Tatekawa 紺屋高尾 落語 Rakugo - YouTube
20 桂枝雀 Shijaku Katsura 口入屋 落語 Rakugo - YouTube 20 落語 「源平盛衰記」立川談志 - YouTube


週末のオペラのご案内(第31回)

 今週のオペラはワーグナーの「ローエングリン」を選びました。前回までのニーベリングの指環シリーズより3年ほど前に35歳の時の作品です。中世のドイツ伝説やグリム童話を基にして台本も作曲家自身でつくったものです。音楽もいよいよ、冴えた作品といわれています。  特に、エルザと憎悪が絡...