2017年1月5日木曜日

毎日のクラシック曲(第226回)

今日のお勧め曲はホルストの「組曲 惑星 Op32」を選びました。昨日に続き、今年も元気がでる、曲としました。

有名な曲であるので、多くのCDが有ります。カラヤンやCデイヴィスは2つのオーケストラで指揮したCDとも、評価が高い、長い曲で、40分近くあり、組曲といっても、交響曲と同じヴォリュームです。ホルストというとこの曲だけのようですが、かなり、多くの作品を作曲しているようです。星占いにはまって、聴いてみてはいかがでしょうか

筆者は火星・金星のみ聞いて、全曲を最後まで聞いた記憶がありません。今日は、気合いを入れて、最後まで聴く予定ですが、途中から、「麻雀ゲーム」を始めると思います。冥王星はこの曲が作られた時、まだ、発見されていなかったから組曲にないようです。

組曲を解説本で調べると、バッハの「イギリス組曲」フランス組曲もそうですが、いくつかの曲を組んでつないだ曲といわれています。むしろ、20世紀に入ると、バレーやオペラ、舞台音楽からよい曲をピックアップして、組曲したものが生まれたようです。ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ビゼーの「アルルの女」、チャイコフスキーの「組み割り人形」が代表的なものとしてあります。

この曲のお勧めは、メリハリの効いた演奏をプロは評価するようです。ラトル、デユトワ、カラヤン、Cデイヴィス盤を推しています。


今日のお勧め曲


日時(date) 5-Jan-17
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局
作曲者(composer) Holst
分類(Classification) 管弦カンゲンガクキョク
曲名(Song Title) The Planets, Op. 32
演奏者(Performer)
指揮者(conductors) Herbert Von Karajan
楽団(Orchestra) Berlin Philharmonic Orchestra
専門家推薦盤(Expert recommendation board) Simon Rattle・Berlin Philharmonic Orchestra
シカゴ交響楽団・合唱団, ジェイムズ・レヴァイン
John Eliot Gardiner: Philharmonia Orchestra
Jupiter London Synphony Orchestra Sir Colin Davis - YouTube
Charles Dutoit & Montreal Symphony Orchestra 1993-05-18 - YouTube
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 798
レコ芸名曲名盤500 203
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ管弦楽カンゲンガクキョクヘン
コメント このキョク最後サイゴまでいたことがスクないキョクヒトつで、火星のみがオオいようです。全体ゼンタイで40プンチカくあり、星占ホシウラナいを音楽オンガクにしたといわれる。ホルストはこのキョクだけでなく、歌劇カゲキ管弦カンゲンガクなど数多カズオオサクキョクしているが、このキョクだけが、げられる。順序ジュンジョ太陽タイヨウ中心チュウシンからでないことが面白オモシロい。 デユトワバン手許テモトになく、Youtubeでつけた。オモだった指揮者シキシャとオーケストラがあり、満足マンゾクしてける。




0 件のコメント:

コメントを投稿

日曜日の落語(第56回)

今週の落語は「穴泥」、「宗論」と「派手彦」の3題を選びました。「派手彦」は「喜撰」という演題で、CDが登録であったため、解説書で調べたら、喜撰小僧、もしくは「悋気のこま」とあり、どうも円生の実際の噺と違う、結局、「派手彦」という演目だと判り、珍しく時間がかかった。 落語も100...