2017年1月7日土曜日

週末のジャズ(第45回)

今週のジャズはドラムスの「トニー・ウイリアムズ」を選らびました。これまで、ドラム単独で選んだことがなったのですが、やはり、ドラムはサイドメンで、地味な扱いです、でも、数人の名ドラマーははずせません。ジャズのよさを味あわせてくれるアルバムがあります。

この人はマイルス・デイヴィスが年齢を偽ってメンバに加えたぐらい、若くから秀でた力の持ち主で、多くのカルテット・クインテットで、名演奏を残しています、一時期、フージョングループ(ライフタイム)を結成したこともあったが、再度、若手を集めたクインテットを結成して、本来のジャズをやっていた、とある。

術後のトラブルで、急逝し、ジャズ界に大きな波紋を残した、名ドラマーでした。手許に6枚のCDがありましたが、Yutube盤も数枚ありましたので、Lifetimeはお勧めです、是非お楽しみ下さい。今回から、ウイキペダアデータの個人解説を少し詳しくいれました。




今日のお勧め曲

お勧め回数 45回目
日時 2017・1・7
ジャンル ジャズ
音源 CD
演奏者 Tony Williams
演奏者国籍 アメリカ
楽器分類 ドラムス
主な推薦書
Myベストアルバム★ Spring
Emergency!
主なアルバム名と推薦本 Emergency! ②③⑧
Spectrum: The Anthology (Disc 1、2)
Spring ②③⑧
The Story of Neptune
Tony Williams-1996-Wilderness
Tony Williams - Red Mask - YouTube ③⑥
Tony Williams - Dreamland - YouTube ③⑥
Angel Street - YouTube ③⑥
The Tony Williams Lifetime - Emergency! (1969) [Full Album] - YouTube ②③⑧
Tony Williams Lifetime Tribute - Blue Note, Tokyo, Japan, 2008-12-19 . 参考
コメント・ウイキペデアホカ トニー・ウィリアムスはアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズミュージシャン、ドラム奏者、作曲家。1962年にジャッキー・マクリーンのグループに参加するため、ニューヨークに移る。翌年1963年にはマイルス・デイヴィスのいわゆる「黄金のクインテット」のメンバーに抜擢され、1969年まで在籍。以後、ロックへの傾倒からジョン・マクラフリン、ラリー・ヤング、アラン・ホールズワース、ジャック・ブルースらを迎え自身のグループのライフタイムを結成したほか、ハービー・ハンコックとのプロジェクト「V.S.O.P.クインテット」に参加し人気を博す。
生年月日: 1945年12月12日
死没: 1997年2月23日, アメリカ合衆国 カリフォルニア州 デイリーシティ
受賞歴: グラミー賞 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞
参考サンコウ推薦書凡例 ジャズ喫茶マスターこだわりの名盤 鎌田他
モダン・ジャズの名演・名盤 岩浪
モダンジャズ決定盤 岡崎・大和
ジャズピアノ決定盤 佐藤
ジャズサックス決定盤 小川
辛口JAZZ名盤1001 寺島
ジャズ・ヴォーカルの名演・名盤 岩浪
んでから厳選ゲンセンジャズメイバン 小川オガワ
ベスト・オブ・ジャズピアノ



このドラム演奏家は①のジャズ喫茶マスタ推薦にもなく、図書館で借りた「ジャズ喫茶の名盤500 後藤雅洋著」にもない、演奏家でした。評論家の好みは取捨選択の難しさを考えさせられます。

最近わが町の図書館もジャズの本も多くを置くようになりました。「ジャズ喫茶の名盤500 後藤雅洋著」(小学館新書)はもう少し長期間、借りてみて購入すべきだろうかと思案中。

殆どの場合、まず、図書館で借りて、どうしても、手許に起きたい場合は「アマゾン」に頼むというパターンで蔵書本が増えていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

週末のオペラのご案内(第35回)

 今週のオペラはヴェルデイの「仮面舞踏会」を選びました。このオペラはヴェルデイが音楽とドラマを緻密に結びつけた記念碑的な作品といわれています。  スウエーデン国王暗殺を題材としているが、17世紀のアメリカのボストンに置き換え演じられるが、最近では元の題材で演じられることも多...