2017年1月10日火曜日

毎日のクラシック曲(第228回)

今日のお勧め曲はマーラーの「交響曲第1番 巨人」を選びました。マーラーの交響曲としては3回目となります。マーラーの曲は熟考を重ねて、改訂版がいくつも作られている作品の一つです。これは第3稿といわれています。「花の章」といわれる曲の扱いが指揮者によって異なるようです。発表して、改定するということがわりと平気に行われています。

この人の曲は、どちらかというと、厭世的な性格からくるのか、少し暗いので、あまり、好んで聴くことが少ない。しかし、熱狂的な人も居られるので、特別なコメントは控えました。プロの推す名盤は分かれるようですが、マーラーと親交のあった、ワルター盤が一推しのようです。

手許にもマラーの曲の中で、意外と少なく、いくつか、Youtubeで、検索した結果を下記に示します。バーンスタイン、アバド盤が評価が高い演奏です。久しぶりに終日、マーラーを聴く事になりました。



今日のお勧め曲


日時(date) 10-Jan-17
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局
作曲者(composer) Mahler
分類(Classification) 交響曲コウキョウキョク
曲名(Song Title) Symphony No.1 The Titan
演奏者(Performer)
指揮者(conductors) Bruno Walter
楽団(Orchestra) Columbia Symphony Orchestra
専門家推薦盤(Expert recommendation board) Berliner Philharmoniker-Claudio Abbardo
Simon Rattle: City Of Birmingham Symphony Orchestra
Mahler: Symphony No. 1 "The Titan" / Bernstein · Vienna Philharmonic 
Riccardo Chailly "Symphony No 1" Mahler - YouTube
Mahler Symphony No.1 - Myung-Whun Chung & Seoul Philharmonic 
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 N/A
レコ芸名曲名盤500 221
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ交響コウキョウキョクヘン
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
コメント このキョク音楽オンガク鑑賞カンショウ辞典ジテンでは#2だ家で、多の曲はされていない。厭世的じが影響してか、もがきになるとはいえないようだ、しかし、日本では、表判がよい、代表的のひとり、意外とCDがないのでいた。カラヤンも演奏していない(?)。バーンスタインも、シャイーも手許になかった。プロも選択しいようです。だけに5もそろうと、充分われますが、マーラーファンのおりをけるか。


その2 協奏曲のデータ集約

今日はこれまで、ご紹介したクラシック(228曲)の中で、協奏曲だけをリストアップしてみました。

「エクセル」データ(今日のお勧め曲のデータ)をマイクロソフトのソフトの「アクセス」にデータに貼り付けたものですが、クエリーをうまく使うと、ソートや検索が便利で、アクセスによるクラシック曲他のデータ管理はお勧めします。

筆者は古い古い、2003版ですが重宝しています。ワードはWebデータを取り込み編集するのに便利で、3つのソフトをうまく、リンクさせればかなり時間が節約できます。比較的このBloggerとの相性もよさそうで、ストレスを感じません。データの貼り付けはDropboxで写真データとしています。昔使った「桐」は淘汰されたようですが・・・

①これまでご紹介した協奏曲(クエリーでソート例)を 公開日・作曲家・ジャンル・曲名・演奏者・指揮者・楽団・推薦盤1-7の順にソートしてみました。作曲家だけでも楽器別でもソート出来ます。 
   
  1曲あたり平均5-6枚お勧めしております。勿論、Youtubeのリンクを貼ることもできますが
   エクセルのデータのほうにはっています。






最後までお付き合いいただきありがとうございます。もの忘れ防止対策の一つでやっております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

週末のジャズ(第62回)

 今週のジャズはピアニストの「マッコイ・タイナー」を選びました。ジャズピアニストとしては歴代Top10には入らないが、20位内に入るのではと考えます。しかし、好き嫌いのはっきりする、演奏家の一人と思います。 キースジャレットや、ケニードリューにない、ハードさを持つピアニストである...