2016年5月1日日曜日

今週の落語(12)

今週の落語は「文七元結」と「試し酒」の2点を選びました。「文七元結」は信州飯田生まれで、江戸で代々続いた、文七という水引屋を題材にした話で、三遊亭派の持ちねただそうで、今回の演者もそうなっています。廓も絡む、人情話で、この演目は長くて、有名な噺となっています。円生の語りが良いでしょう、たっぷり聴かしてくれます。

「試し酒」は小さんがいいと思います、主人のかけに、勝つべく、従者の強靭な飲みっぷり、1升ごとの従者のしぐさ、予行演習で、5升ものみ、合計一斗も飲めるとは、酒を飲むしぐさでお客を引きつけるあたりが、真打ち芸でしょう。
落語のほうも、そろそろ、整理して、重ならないように、データベースを作り始めました。やはり、小さんと円生が多くなっています。

最近では、参考資料で、推薦して、手元にないCDは、Utubeで検索して、聴くようにしてきました。
Utubeをうまく使うとこのブログで推薦する曲や、演題はかなり、聴けるのではないかと思います。

手元にないCDも、これまでのように、レンタルショップや図書館で、借りなくてもいい時代になってきました。ただし、著作権の関係で、自己責任で聴く必要があります。何か、段々、コンテンツの存在感がなくなっていく気がします。何を聴くかという指南書だけが、残る時代でしょうか?これだけ、多くの人が、Utubeに載せることが本当にいいのかと思う。


今週の落語その①


日時ニチジ 2016・05・01
ジャンル 落語ラクゴ
音源オンゲン CD
TVキョク  
演者エンジャ 三遊亭円生
分類ブンルイ 親子オヤコハナシ
演題エンダイ ブンナナモト
出典シュッテン 円生ヒャクセキ
落語ラクゴ舞台ブタイ* 墨田区吾妻橋
その   演者エンジャメイ  
古今亭志ん生
古今亭志ん朝
林家正蔵 八代目 
立川談志
推薦スイセンホン  
落語CD&DVD名盤案内 348
古典落語CDの名盤 324
 
演題エンダイコメント フタつの人情噺ニンジョウバナシ博打バクチにはまった、左官屋サカンヤ、と吉原ヨシハラ女将オカミ近江屋オウミヤの、奉公人ホウコウニン文七をタスける、左官屋サカンヤと近卯の主人シュジン左官屋サカンヤムスメタスける人情ニンジョウバナシ
その②


日時ニチジ 2016・05・01
ジャンル 落語ラクゴ
音源オンゲン CD
TVキョク  
演者エンジャ 柳家小さん(五代目)
分類ブンルイ 酒飲サケノハナシ
演題エンダイ 試し酒
出典シュッテン 柳家小さん名演集 13
落語ラクゴ舞台ブタイ*  
その演者エンジャメイ
六代目 春風亭柳橋
桂米朝 (上方カミガタ
 
 
推薦スイセンホン  
落語CD&DVD名盤案内 240
古典落語 これが名演メイエンだ 223
 
演題エンダイコメント イチ斗酒トシュタイらげる、ハナシ一升毎イチショウゴトに、みぷっりの変化ヘンカ面白オモシロい、7代目ダイメラクから、直伝ジキデンけたさんが一番イチバンエンじるヒトにより、描写ビョウシャコトなるようだ。少しずつ酔っていきながら主人の愚痴を言ったり、身の上を嘆いたりする演技を見せる






0 件のコメント:

コメントを投稿