2016年5月8日日曜日

今週の落語(13)

今週の落語は「へっつい幽霊」と「やかん」とします。久しぶりに、談志の「べらんべい」を聴こうと思い、この演題を選びました。おおよそ、落語ほど、演者によって、時間が違うものはないといわれています。TVの時代になると、CMの関係か、30分を超える噺は少ない、独演会に行くと、じっくり聴く事が出来るようです。

「へっつい幽霊」は談志は枕なしで、30分、小さん、三木助は20分ほど、博打のしぐさは、CDで見れないのが、残念。この「へっつい幽霊」はいい噺で、落語の面白みを味わえる。

一方、「やかん」のほうは談志は、客席から、野次が入るぐらい、枕が長い、独演会だが、「どうかな」と思う、やり取りが客との間であった。毒舌を好きな人は笑いで済ませるが、好みのはっきりする演者だろう。噺家仲間では、知ったかぶりで適当なことを言う人を「やかん」というそうだ。円生盤はUtubeで聴いた。とにかく、でたらめな噺が続くもんだ。
筆者も「やかん」にならないよう、気をつけているが


その①

日時ニチジ 2016・05・08
ジャンル 落語ラクゴ
音源オンゲン CD
TVキョク  
演者エンジャ 立川談志
分類ブンルイ 長屋ナガヤバナシ
演題エンダイ へっつい幽霊
出典シュッテン ひとりカイ 

落語ラクゴ舞台ブタイ*
アサクサ

浅草

その演者エンジャメイ 柳家小さん(五代目)
三代目桂三木助
 
 
 
推薦スイセンホン  
落語CD&DVD名盤案内 350
古典落語CDの名盤 315
 
演題エンダイコメント ヒサしぶりにダンいてみた、ムカシはしゃべりカタキラいで、かなかったが、独特ドクトク雰囲気フンイキで、やっぱりスココトなる。はすかいでシャベるのがいいのか。やはり、さんがきやすい。

その②

日時ニチジ 2016・05・08
ジャンル 落語ラクゴ
音源オンゲン CD
TVキョク  
演者エンジャ 林家正蔵(八代目)
分類ブンルイ 長屋ナガヤバナシ
演題エンダイ やかん
出典シュッテン 林家正蔵 3
落語ラクゴ舞台ブタイ*
その   演者エンジャメイ 三遊亭園生
桂文治 10代目
三遊亭金馬 (三代目)
立川談志
推薦スイセンホン  
落語CD&DVD名盤案内 392
古典落語 これが名演メイエンだ240
 
演題エンダイコメント まったくでたらめのハナシ、ここまでやると、いやみがないほど、でたらめなハナシで、ハナシ仲間ナカマではったかぶりのことをやかんというようだ,本題に入る枕が面白いという人もいるが、ダンのおキャクとのやりとりはいただけない。顧客コキャク第一ダイイチオモうが


今日は100回記念に我が家の子供たちの動画を始めて載せます。
文鳥が大好きで、いろいろな文鳥グッツが我が家にあります。
うまく、ご覧になればよいのですが。

video


video




0 件のコメント:

コメントを投稿