2016年7月15日金曜日

毎日のクラシック曲(第119回)

今日のお勧め曲は始めて登場しましたビゼーで「劇音楽 アルルの女 Op23」としました。ビゼーは歌劇を多く作っていないが「カルメン」、アルルの女」「真珠の首飾りが」の3つが特に有名で、組曲は不朽の名作といわれています。

レコ芸500は今回、交響曲を追加しています。この「アルルの女」の歌劇の評判はカルメンと比べて、低く、付随音楽として作った、27曲から、4曲を選んで、演奏会用組曲として出したのが組曲1番で、2番の方は彼の死後、組曲2番として出されたとのこと。

日本に発売される、CDのデータがフランス語表記のままで、曲が正しいのか、迷う、少なくとも、英文表記までと思うが 
フランス作曲かのCDはフランス語表記のままが多い。組曲1番は何度も聴いたことがあるが2番は初めてだ組曲2番の第三章の「メヌエット」はフルート独奏で有名だが、「美しいパース娘」から転用されたとのこと。


今日のお勧め曲

日時(date) 15-Jul-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局  
作曲者(composer) Bizet
分類(Classification) 管弦カンゲンガクキョク
曲名(Song Title) ,L'ArlesiennneChung アルルのオンナ
演奏者(Performer)
指揮者(conductors) Cluytens
楽団(Orchestra) Orchestre de la Societé des Concerts du Conservatoire
専門家推薦盤(Expert recommendation board)
Myung-Whun Chung 
Eugene Ormandy: Philadelphia Orchestra
Michel Plasson: Orchestre Du Capitole De Toulouse
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 641
レコ芸名曲名盤500 86
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅の名曲はこのCDで 
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ 管弦カンゲンガクキョクヘン
コメント 結果的ケッカテキに4マイあった。フランス表記ヒョウキであるため、キョクタダしいのか不安フアンだったが、4マイ間違マチガいがなかった。カラヤン、小澤オザワ、アバド、デユトアはあキタイしたがなかった。ツギのビゼーのキョクトキしらべてみよう。


0 件のコメント:

コメントを投稿