2016年11月4日金曜日

週末のオペラのご案内(第5回)


今週のオペラはモーツアルトの「魔笛」を選びました。とにかく、奇想天外のドラマで、昔から、子供も楽しめる、作品で、有名です。ソプラノ・ココラトウーラのすごさを知る世界です。

フリーメースンという、結社、夜の女王の役割が、なかなか。理解できず、苦労しましたが、そこはドラマの展開で、成る程、こういうことを言いたかったのかと、判るようになりました。

これまでの4作と違い、王子のタミーノ、夜の女王の娘のバミーナが主役だが、端役が重要な立場を演じること、登場人物もおおく色々な個性的な役者が出てきます。より、楽しみ方の異なる、作品です。

今回、紹介した他に、手元に「魔笛」は2-3点あるようです。夜の女王のソプラノはとても、人間技でなく、このような声を出せる人は世界にどのくらいいるのだろうか。賢者を演じるの「フッシャー・デイースカウ」の品のよさ、パパゲーノの面白さほか、2時間30分充分楽しめた作品でした。このオぺラは素晴らしい名演です。


今週のオぺらデータ

①コンテンツ個別コベツデータ
公開日 2016・11・4(金)
NO. ダイ5カイ
作曲家名 モーツアルト
国名 ドイツ
作品名 歌劇『魔笛マテキ』全曲
鑑賞辞典推奨頁 265
レコ芸500推薦バン 317
その他推奨本名 クラシック不滅フメツ名盤メイバン1000
整理番号 5
オナ演目エンモク公開回数 ショ
コンテンツの種類・本 ホン
演奏日・放送日
指揮者 ホルスト・シュタイン
楽団・合唱団 ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団
演奏場所 ハンブルク国立歌劇場合唱団
コンテンツ詳細ショウサイ 欧米では子供が最初に鑑賞する曲といわれる、オペラ史上最高の傑作「魔笛」。指揮にホルスト・シュタイン、歌手にニコライ・ゲッダ、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウをはじめ、当代随一のモーツァルト歌いが勢揃いした歴史的名演で、30年以上経った、現在でもその魅力は褪せる事はありません。 
ザラストロ: ハンス・ゾーティン(バス)
王子タミーノ:ニコライ・ゲッダ(テノール)
弁者:    ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(バス)
夜の女王:  クリスティーナ・ドイテコム(ソプラノ)
パミーナ:  エディット・マティス(ソプラノ)
パパゲーノ: ウィリアム・ワークマン(バリトン)
パパゲーナ: キャロル・マローン(ソプラノ)
作品サクヒンキョウツウデータ
作曲家名 モーツアルト
国名 ドイツ
作品名 歌劇『魔笛マテキ』全曲
幕数 2
上演時間 2時間ジカン30プン
有名な合唱曲、アリア この神聖シンセイ殿堂デンドウには、なんとウツクしい姿スガタワカモノオソれるな、復讐フクシュウココロ地獄ジゴクのようにえ、オレトリホカ
主な登場人物 ヨル女王ジョウオウ ソプラノ
バミーナ  夜の女王のムスメ ソプラノ
パパゲーナ ワカムスメ ソプラノ
タミーノ  王子オウジ テノール
パパゲーノ トリ バリトン
ザ・ラストロ 高僧コウソウ バリトン
参考文献 オペラガイド130選 90
オペラ鑑賞事典60
オペラの魔力 
ウイキペデアコメント 『魔笛』K. 620は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1791年に作曲したジングシュピール。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。台本は興行主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いた。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持つ。
作曲家: ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
初演: オーストリア ヴィーデン劇場
脚本: エマヌエル・シカネーダー
言語: ドイツ語
プロの推薦スイセンCD&DVD アバド・マーラー室内シツナイカン
カラヤン・ベルリンフイル
ブリュッヘン18世紀セイキ
ノイマン・ケルン室内シツナイカンホカ

モーツァルト《魔笛》ミラノ・スカラ座1995年 - YouTube


若いディースカウのバリトン

0 件のコメント:

コメントを投稿