2016年11月25日金曜日

週末のオペラのご案内(第8回)

今週のオペラはイタリアのプツチーニのオペラ「蝶々婦人」を選びました。プツチーニはイタリアオペラの大作曲家といわれ、「ラ・ボエーム」「トスカ」と共にこの「蝶々婦人」も有名作品の一つです。

日本人が主役だけに、日本でも、オペラ歌手の登竜門となる、評判のある作品です。アリアの「ある晴れた日」をご存知の方は多いと思います。最初は散々で、幕数を減らしたり、アリアを加える等をして、現在の名作となったようです。

内容は海軍士官と現地妻、取り巻く日本の人々、日本人の風習など、当時の日本を色濃く、反映した、少し、不平等が覗かせる。オペラです。原作の有名な小説からヒントをえて、オペラを作曲したようです。

今回見た、DVDは、登場人物・衣装・舞台設定など、随分違和感を感じたが、イタリア人の視点が良く出ていた作品と思えた。髪形・衣装やアクセサリーなどどうして準備したのだろうか?

プツチーニは日本のメロデイを日本大使館で、手に入れた様で、時々、聴きなれた童謡の旋律が出てくる。それにしても、全部外国人だと、まか不思議なオぺラの「蝶々さん」です。


今週のオペラデータ

①コンテンツ個別コベツデータ
公開日 2016・11・25(金)
NO. ダイカイ
作曲家名 プッチーニ
国名 イタリア
作品名 蝶々チョウチョウ婦人フジン
鑑賞辞典推奨頁 722
レコ芸500推薦バン 335
その他推奨本名 不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
整理番号 ダイカイ
オナ演目エンモク公開回数 初回ショカイ
コンテンツの種類・本 DVD
演奏日・放送日 収録:1983年7月
指揮者 マウリツィオ・アレーナ
楽団・合唱団 アレーナ・ディ・ヴェローナ管弦楽団・合唱団
演奏場所ホカ  イタリア アレーナ・ディ・ヴェローナ

コンテンツ詳細ショウサイ  蝶々夫人(蝶々さん)  :ライナ・カバイヴァンスカ
 スズキ  :エレオノラ・ジャンコヴィック
 海軍士官ピイカートン  :ナッツァレノ・アンティノリ
 アメリカ領事シャープレス  :ロレンツォ・サッコマニ
イタリア・オペラを代表する作曲家 プッチーニの代表作であり、19世紀末の長崎を舞台とした日本人が主人公のオペラです。プッチーニは、本オペラを作曲するために、着物を着た美しいソプラノ歌手を、半年も自宅に住まわせていたという話もあります。古代遺跡の闘技場で夏に行われる屋外オペラ、アレーナ・ディ・ヴェローナの壮大な舞台で繰り広げられた、優れた演奏による悲劇の愛の物語が収録されています。
作品サクヒンキョウツウデータ
作曲家名 プッチーニ
国名 イタリア
作品名 蝶々チョウチョウ婦人フジン
幕数 マク
上演時間 2時間ジカン15プン
有名な合唱曲、アリア ヤンキーは世界セカイのどこへっても、ウツクしい大地ダイチウツクしい海原ウナバラ夕暮ユウグれがオトズれてきた、あるれたサクラエダさぶって、さらばアイよ、いとしよさようなら
主な登場人物 蝶々チョウチョウ婦人フジン ソプラノ
スズキ      蝶々婦人の女中ジョチュウ メゾソプラノ
ピンカートン   アメリカの海軍カイグン士官シカン テノール
シャープレス  長崎ナガサキ駐在チュウザイ アメリカ領事リョウジ バリトン
ゴロー      結婚ケッコン仲介チュウカイニン テノール
ケイト       ピンカートンの正妻セイサイ メゾソプラノ
参考文献 オペラガイド130選 34
オペラ鑑賞事典 264
オペラの魔力 77
ウイキペデアコメント 長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々さんとアメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇を描く。物語は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアの弁護士ジョン・ルーサー・ロングが1898年にアメリカのセンチュリー・マガジン1月号に発表した短編小説(Madame Butterfly)」を原作にアメリカの劇作家デーヴィッド・ベラスコが制作した戯曲を歌劇台本化したものである。ジャコモ・プッチーニ作曲の同名のオペラ
初演: イタリア ミラノ スカラ座
アリア: ワン・ファイン・デイ、 Un bel dì
原作: マダム・バタフライ、 お菊さん
プロの推薦スイセンCD&DVD カラヤン ウイーンフル
セラフイン ローマ歌劇カゲキジョウ
シーノボリ フルハーモニア
カラヤン ミラノスカラ

            お勧めYoutube

       Madame Butterfly (1995) - YouTube



視聴したDVDより
フイナーレの状況、野外演舞場
指揮者 マウリツィオ・アレーナ



0 件のコメント:

コメントを投稿