2016年2月12日金曜日

今日のお勧め曲(7)

今日はクラシックを聞き始めたころ、ボロボロになるまで何度も読み返した本の紹介と当時の推薦盤を選んでみました。曲はベートーヴェンの3大ピアノソナタです。
著者の、まえがきの文章を抜き出して記してみました。最近のCD販売量の不振とは隔絶の感があります。当時から、30年近く、経った、現在も評価される、演奏家がいます。時代が変わっても名演奏は今後も残るのでしょう。


本と著者  「不滅の名曲はこのCDで」 志鳥栄八郎 1988年 朝日新聞社刊


「・・・・・・CDは盤面に溝がない、従って、エジソン以来使われてきた針もなくなった。だから盤面の磨耗もなく、ノイズもなく、録音された音楽をそのままそっくり再生して聞くこことができるようになった。まさに第3の革命である。そして、今、CDの全盛時代を迎えることになった。・・・・・」


                   本と著者  「不滅の名曲はこのCDで」 志鳥栄八郎 1988年 朝日新聞社



     

日時
2016・2・12
ジャンル
クラッシック
音源
CD
TV局

作曲者
ベートーヴェン
分類
鍵盤楽器曲
曲名
ピアノソナタ 第8番(悲愴)14番(月光)23番(熱情)
演奏者
ポリーニ
指揮者

楽団

専門家推薦  
リヒテル
バックハウス
 ギレリス
 ブレンデル
 シフ
 グルダ
アシュケナージ
推薦図書  
 クラッシク音楽鑑賞辞典
クラッシク不滅の巨匠100
 レコ芸名曲名盤500
 ピアノ名曲名盤1053
不滅の名曲はこのCDで
コメント
ベートーヴェンの32あるピアノソナタでこの3大ソナタははずせない、古今のピアノ巨匠の名演奏のCDを選んでみた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

毎日のクラシック曲(第277回)(2Sリスト付)

今日のお勧め曲はシューベルトの「交響曲第3番 D200」を選びました。初めて聴いた曲です。レコ芸500で取り上げてくれたおかげで、この曲を聴くことが出来ました。カルロス・クライバーの名演奏が起爆になり、演奏される機会が増えてきたそうです。 手許を調べたら、何と5枚もあり、しかも...