2016年2月26日金曜日

今日のお勧め曲(19)

今日のお勧め曲はシューベルトの弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」としました。この曲は15ある弦楽四重奏曲のひとつですが、彼は31歳の短い生涯で交響曲も含めて、数多く、作曲しました。しかし、一説によるとシューベルトは飢餓のため亡くなったとも言われています。シューベルトの名曲は死を境に世に歌われだしたとのことです。特に、歌謡曲は650にあまりあり、現在も、世界に、広く、楽しまれています。今後も、聴きたい曲が、一杯ある作曲家でしょう。

この原稿を書いた後、OB会の連絡網でメンバの訃報を受けた。確か私より、2-3歳上の方と思うが、あまりにも、早く、残念でならない、御本人も悔しかったに違いない。最近、OBや知り合いに、不幸が続き、つらい思いをする機会がおおい。



日時 2016・2・26
ジャンル クラッシック
音源 CD
TV局  
作曲者 シューベルト
分類 室内楽シツナイガク
曲名 弦楽ゲンガクヨン重奏ジュウソウキョクダイ14バン乙女オトメ
演奏者
指揮者  
楽団 Alban Berg Quartet
専門家推薦盤 Hagen Quartet
Juilliard Quartet
Quartetto Italiano
Tokyo String Quartet

 
 
推薦図書 クラッシク音楽鑑賞辞典 p361
レコ芸名曲名盤500 378
クラッシク不滅フメツ名盤メイバン1000
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ 室内シツナイガクヘン
 
コメント このキョク初演ショエン(1841)はメンデルスゾーンが指揮シキしたといわれている。わが江戸エド時代ジダイで、サイアキラテン改革カイカクハジまったトシです。クラシックの歴史レキシフルさを痛感する。

0 件のコメント:

コメントを投稿