2016年2月25日木曜日

今日のお勧め曲(18)

今日はシューマンの交響曲から第1番(春)としました。3番と4番は聞く機会がありますが、
この1番はなかった。スウイトナーという指揮者も始めて聴いた。ハイテンクは3,4番はあったが
1・2番はなかった。3番の「ライン」は特に有名、シューマンはピアニストとして、がんばったが、指を
くじき、作曲家・指揮者に転向し名を上げたとのこと。恋愛・自殺と最近のTVのような話題を
いわれるが、歌曲も含めて、素晴らしい曲がある。この曲を聴いて、近ずく、「春」を感じてください。

推薦曲の表は手持ちの演奏家別HDDからコピー&ペーストで、MusicBeeに落として
必要な情報をテンプレートの形のエクセル表に貼り付けています。将来、アクセスで曲別に
データベース化できればと思っています。演奏家別データベース化はほぼ完了。
なお、素人ですので、曲のコメントは背景と事実を参考書から借文・編集しており、曲の感想はプロの
評論・コメントをご覧ください。


日時 2016・2・25
ジャンル クラッシック
音源 CD
TV局  
作曲者 シューマン
分類 交響曲コウキョウキョク
曲名 交響曲 第1番「ハル
演奏者
指揮者 Leonard Bernstein
楽団 Vienna Philharmonic Orchestra
専門家推薦盤 Rafael Kubelik/バイエルン放送ホウソウカン
Otto Klemperer/ニユーフイルハモニア
Nikolaus Harnoncourt/ヨーロッパ室内シツナイカン
Otmar Suitner: Staatskapelle Berlin

推薦図書 クラッシク音楽鑑賞辞典 p429
レコ芸名曲名盤500 397
クラッシク不滅フメツ名盤メイバン1000
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ 交響コウキョウキョクヘン
 
コメント このキョク初演ショエン(1841)はメンデルスゾーンが指揮シキしたといわれている。わがクニ江戸エド時代ジダイで、サイアキラテン改革カイカクハジまったトシです。クラシックの歴史レキシフルカンじる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日曜日の落語(第56回)

今週の落語は「穴泥」、「宗論」と「派手彦」の3題を選びました。「派手彦」は「喜撰」という演題で、CDが登録であったため、解説書で調べたら、喜撰小僧、もしくは「悋気のこま」とあり、どうも円生の実際の噺と違う、結局、「派手彦」という演目だと判り、珍しく時間がかかった。 落語も100...