2016年8月26日金曜日

毎日のクラシック曲(第144回)

今日のお勧め曲はスクリャ-ピンの「ピアノ曲集」を選びました。名前は聴いていたが作品に接するのはまったく初めてで、昨日と同様に参考書を調べて、作曲家・作品の解説を読んでみました。

これまで、ロシアの作品は寒いので、暗い・荘厳というイメージの先入観があり、聞き逃している曲が多い中、うまく名曲を探すことが出来ました。スクリャ-ピンは卓越したピアニストであったようです。スクリャ-ピンの持ち味を出すのはソナタ曲で、5,6番あたりからといわれている。1番はすごくショパンの影響を受けている。

小山美知恵盤もあるようですが、今回はレコ芸推薦のロシア組が3人分ありました。手元のCDの曲を聴く限り、あまり、難しい演奏を要求しないようですが、ショパンとは異なりますが、おとなしく、いい曲ばかりです。ピアノを演奏される方からはどんなレベルの曲でしょうか?

ホロヴィッツのCDはかなりあるが、スクリャ-ピンと限定するとこれ1枚だけだった。生誕100年記念版はない。(面白い企画です?) リヒテルの演奏はないものかこれもYou tube で調べて見よう。


今日のお勧め曲

日時(date) 26-Aug-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Scriabin
分類(Classification  
曲名(Song Title) Sonata no.1-4
演奏者(Performer Vladimir Ashkenazy
指揮者(conductors  
楽団(Orchestra  
専門家推薦盤(Expert recommendation board Vladimir Horowitz (Etudeホカ
Mikhail Pletnev
 
 
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典 N/A
レコ芸名曲名盤500 412
クラッシク不滅の名盤1000 702
ピアノ名曲メイキョクメイバン1053
コメント 名前ナマエっていたが、サクヒンはまったくハジめてである。鑑賞カンショウ辞典ジテンでは交響コウキョウキョクが2テンあり、レコゲイにもあるかと調シラべるとない。わりにピアノキョクシュウ推薦スイセンされていた。ピアノ名曲名盤1053によると、かなりのピアノキョクがあるが、アシュケナージ、ホロヴィッツ・プレトニョフバンが3マイつかった。グールドは1キョクだけだった。もっとありそうだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿