2016年8月5日金曜日

毎日のクラシック(第134回)

今日のお勧め曲はドビュッシーの「弦楽四重奏曲Op,10」を選びました。ラヴェルもドビュッシーも同じ、フランス人で一曲だけ、弦楽四重奏曲を作曲したようです。

ドビュッシーの弦楽四重奏曲は現代の傑作作品といわれ、良く、演奏されるので、お聴き覚えのある、旋律ではないかと思います。最近も、多くのSQが演奏し、録音しています。新、旧を問わず、演奏される名曲です。

今回はアルバンベルグSQを第1にもってきましたが、新しい、SQの演奏がが手に入れば、お試しください。聴きたいと思った曲が手元にあると、ほっとする。

素人のリスナーで弦楽四重奏曲が6枚もCDが手持ちにあるなんて、贅沢ですが、時間をかければ集まるものと思います。是非、トライください。




今日のお勧め曲


日時(date) 5-Aug-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局  
作曲者(composer) Debussy
分類(Classification) 室内シツナイガク
曲名(Song Title) String Quartet Op. 10
演奏者(Performer)
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra) Alban Berg Quartet
 
  Juilliard Quartet
  Tokyo Quartet
専門家推薦盤(Expert recommendation board) Italiano Quartetto
Quatuor Ysaÿe
Keller Quartet
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 750
レコ芸名曲名盤500 142
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅の名曲はこのCDで
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ室内シツナイガクキョクヘン
 
コメント やはりこのキョクは名曲でしょう。ドリエイハチロウ推薦スイセンの、クリーヴランド、オルランドSQはなかった。メズラしく、イザイSQがあった。スコし、フル録音ロクオンだが満足マンゾクなCDがあった。


暑中お見舞い申し上げます。

昨日、図書館に本を返すために、外出した、午後、四時過ぎだったが、猛烈な暑さだった、関西の夏は湿気も高く、特に蒸し暑い、埼玉の熊谷で10年近く過ごしたが、もっと、高い気温のはずだが、良く覚えていない、クーラーの中だったのだろうか、若かったのか?熊谷は冬も寒く、厳しい環境だったと記憶している。
昔、出張した、中近東のバーレーンでは、50度近くに達していたので、早朝に仕事をして、午後からは屋外に出ず、昼寝タイムだった。よく、車のクーラーをかけたまま、ドアを閉め、苦労した覚えがある。ボンネットで目玉焼きが出来る環境だが良く耐えたもんだ。
この時期は、毎日の早朝(AM5;00から)ウォーキングでも、凍った、ペットボトルが必須である。いつも、あるいている人も減ってきた。蝉の声も元気がなくなってきたようで、路上に落ちてきた。やはり、世の中は暑いのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿