2016年8月31日水曜日

毎日のクラシック曲(第147回)

今日のお勧め曲はバルトークの「管弦楽のための協奏曲 Sz116」を選びました。バルトークの曲は4曲目となります、少し、重厚で、渋い音楽で、好みのはっきりする曲といわれていますが、有名な曲の一つです。是非お試しください。

面白いことに5楽章を持つ、名前は協奏曲です。立派な管弦楽でしょう。ボストン饗の指揮者「クーセヴィッキー」が亡命直後のバルトークに無理に「小切手」をおいて、依頼してできた曲だそうです。分類は管弦楽に訂正しました。

参考書のこの曲の解説は恐ろしく難しい表現でありました。クラシック曲の解説は、おおよそ、非常に形容詞が多用されること、楽章・小節毎の細かい、解説と特徴があります。同業者や学者向け表現と思うこともあります、我々、大衆向けでいいのですがとにかく難解な文章が多い。

映画やTVで取り上げられたクラシック曲があっという間に知れ渡る曲は亜クラシック曲ともいわれることもあります。このようないい曲も、解説一つで、印象が変わります。それでなくても減っていく、クラシック離れを、避けたいと思うのは筆者だけでしょうか。



今日のお勧め曲

日時(date) 31-Aug-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Bartók
分類(Classification 管弦楽曲キョウソウキョク
曲名(Song Title) Concerto For Orchestra, SZ 116 
演奏者(Performer
指揮者(conductors Georg Solti
楽団(Orchestra Chicago Symphony Orchestra
   
専門家推薦盤(Expert recommendation board フリッツ・ライナー シカゴキョウ
Herbert Von Karajan: Berlin Philharmonic Orchestra
Esa-Pekka Salonen: Los Angeles Philharmonic Orchestra
Antal Dorati; Royal Concertgebouw Orchestra
  Riccardo Chailly: Royal Concertgebouw Orchestra
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典829
レコ芸名曲名盤500 25
クラッシク不滅の名盤1000(管弦楽曲) 
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ 協奏キョウソウキョクヘン
 
コメント キョクタシか、ムカシいたことがあるようだ、指揮者シキシャフルさをカンじる、最近サイキン演奏エンソウされないのだろうか。このキョク亡命ボウメイ直後チョクゴのバルトークのコマった状況ジョウキョウべたボストンキョウ指揮者シキシャ依頼イライによりツクったヨウである。分類ブンルイ楽章ガクショウもある、協奏キョウソウキョクであるが、むしろ、管弦カンゲンガクキョクオモうが。コチシュはソロピアノバンがあった。


0 件のコメント:

コメントを投稿