2016年8月30日火曜日

毎日のクラシック曲(第146回)


今日のお勧め曲はメンデルスゾーンの「交響曲 第4番 Op.イタリア」を選びました。前回3番を紹介し、2曲目ですが、今回のレコ芸はさらに、交響曲は2番、5番も加えてくれています。

最近、アバド・ブルッヘン・アーノンクールと巨匠が相次ぎなくなり、がっかりさせています。今回の選定は、この3人を第一に選んでみました。

この曲はドイツ出身のメンデルスゾーンがイタリアを旅した時に、作ったといわれ、数多く、演奏される、とにかく明るい、美しい旋律を持つ有名な曲です。今回は、聴ききれないので、もう1度紹介したいと思う、曲の一つ。

今日の選定はモダーン楽器演奏と古楽器演奏の違いが分かる、指揮者とオーケストラをあえて選んで、おります、是非、お試し下さい。オーケストラの編成について、素人ながら、少し解説を最後に記しておきました。ご存知の方は読み飛ばしてください。


今日のお勧め曲

日時(date) 30-Aug-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Mendelssohn
分類(Classification 交響曲コウキョウキョク
曲名(Song Title) Symphony #4 Op. 90, "Italian"
演奏者(Performer
指揮者(conductors Claudio Abbado
楽団(Orchestra ベルリンフィル
専門家推薦盤(Expert recommendation board Claudio Abbado; London Symphony Orchestra
Frans Brüggen: Orchestra Of The 18th Century
Otto Klemperer: Philharmonia Orchestra
George Szell: Cleveland Orchestra
  Nikolaus Harnoncourt; Chamber Orchestra Of Europe
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典410
レコ芸名曲名盤500 243
クラッシク不滅の名盤1000 
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ 交響コウキョウキョクヘン
不滅の名曲はこのCDで 
コメント さすがに、名曲メイキョクだけに数多カズオオいCDがでている、おおよそ1カイではききれないので、6マイ程度テイドオサえた。アバドが2オーケストラであるので、これを最初サイショに、ノコりは巨匠キョショウ中心チュウシンいてみた。レコ芸500ゲイは15マイ選定センテイ





管弦楽の編成について、

今日は管弦楽の演奏について、少し説明します。N饗などは3管編成といわれる、大人数(80人ー100人以上)の編成でハイドンの指揮したころの2管編成(30人ー50人強)と比べると大幅に増えていますが、演奏する、曲に応じて、いくつかの編成を使い分けています。

どうして、決めているのか、良く分からないところですが、おそらく、指揮者と製作者の相談で、進めているのでしょう。解説書によると、BBCの場合は5つの編成(119,80,39,71,48人の楽員)で種々組み合わせているようです。

もうひとつは、今回の曲のように、ブルッヘンやアーノンクールのオーケストラとアバドやセルの演奏するオーケストラとはまた、編成が違っていることです。昨日お話しした、古楽の演奏法(古楽器への入れ替え)を取りれれている曲があります。長くなるので、今日はここまでとします。クラシックははまると面白いので、時間の経つのが早い・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿