2016年6月4日土曜日

今週のジャズ(17)

今週のジャズはサックスから2枚、ギターから1枚選びました。マクレーンはパーカーやマイルスデイヴィスにかわいがわれた人だったようで、若い時から、巨匠が才能を認めていました。手持ちの8枚からベストの時代だった1枚を選びました。

ジョーヘンダーソンはコルトレーンのアシストだったようで、コルトレーンの死後、Blue Noteに移って始めての、秀作といわれており、メンバも豪華。確か、始めて聴いたようだ。

ギターのケニーバレルは2回目で、これが1番の曲だそうだ、最初は同じ名前の「ラウンド・イン・ミッドナイト」を選んだ

ジャズのブログは、開始以来、ようやく40枚目です。お好きな人から「もっと早くと」お叱りを受けそうです。
筆者の年を考えると、手持ちライブラリーを聴き終えるには後、何年かかるか再計算が必要のようです。しかし、聴かないで、終えることは避けたいが・・・そのうち、落語が終われば、ジャズ三昧となるはずだが?


昨日は、2週間振りに陶芸教室に行った。本焼きを終えた、作品が4点(湯のみ3、角皿1)仕上げ2点(これから、素焼き)
絵付け・釉薬かけ(徳利①・皿3枚)と頑張りすぎた。轆轤を避けたので、腰のほうは少し痛いが、大丈夫だろう。

6月の展覧会用の作品は、今年はじめのものを当てることとし、力を注いだ作品は秋の市の文化祭に廻すこととした。70の手習いで独学で墨絵の練習をしているのが、器に絵を書くのが楽しくなってきた、「まだまだ、下手です」が4,5年すれば色絵がかければよいかと思っている。あくまで、趣味の一つの領域を超えない程度で進めている。

今日は、その④で京都の銀閣寺の違った楽しみ砂壇の続きとを紹介します。最後までご覧下さい。



今日のジャズその①

日時 4-Jun-16
ジャンル ジャズ
音源 CD
レーベル Prestige
作曲者
分類 アルトサクッス
アルバム名 4,5&6
演奏者 Jackie McLean
録音年 1956
推薦本 ジャズ喫茶マスターこだわりの名盤 200枚 p174
モダンジャズの名演メイエンメイバン岩浪イワナミ洋三ヨウゾウ)p102
パーソナル
ドナルド・バード(tp)
ハンク・モプレー(ts)
マル・ウオルドロン(p)
ダグ・ワトキンス(b)他
曲名キョクメイ
Sentimental Journey
Why Was I Born?
Contour
Confirmation
When I Fall In Love
Abstraction
コメント ワカ情熱ジョウネツがストレートに放出ホウシュツされた、なきのマクレーン

今日のジャズその②

日時 4-Jun-16
ジャンル ジャズ
音源 CD
レーベル Blue Note
作曲者
分類 テナーサクッス
アルバム名 Page One
演奏者 Joe Henderson
録音年 1963
推薦本 ジャズ喫茶マスターこだわりの名盤 200枚 p250
モダンジャズの名演メイエンメイバン岩浪イワナミ洋三ヨウゾウ)p159
パーソナル
ケニー・ドーハム(tp)
マッコイ・タイナー(p)
ブッチ・ウオーレン(b)
ビート・ラ・ロッカ(ds)
曲名キョクメイ Blue Bossa
La Mesha
Homestretch
Recorda Me
Jinrikisha
Out Of The Night
コメント シン主流シュリュウテナーマンとして颯爽サッソウ登場トウジョウした
ヘンダーソンの豪快ゴウカイで、新鮮シンセンなプレイ

今日のジャズその③


日時 4-Jun-16
ジャンル ジャズ
音源 CD
レーベル Blue Note
作曲者
分類 ギター
アルバム名 Midnight Blue
演奏者 Kenny Burrell
録音年 1963
推薦本 ジャズ喫茶マスターこだわりの名盤 200枚 p263
モダンジャズの名演メイエンメイバン岩浪イワナミ洋三ヨウゾウ)p342
パーソナル スタンリー・タレンタイン(ts)
メイジャー・ホリー(b)
ビル・イングリシュ(ds)
レイ・バレット
曲名
Chitlins Con Carne
Mule
Soul Lament
Midnight Blue
Wavy Gravy
Gee Baby, Ain't I Good To You
Saturday Night Blues
Kenny's Sound
K Twist
コメント 真夜中マヨナカきたい、ギターとテナーのカラみあう、ブルージーなカイエン


その④ 京都一隅 仏閣ー2

京都一隅 仏閣という形で、取りためた写真の中及びWebから古都のよさを知る上で、お役に立つ情報を
簡単に紹介します。説明にあたっては、次の資料他を参照しています。

「日本の形 庭園・寺・塔」 山と渓谷社と「古建築入門講話」 川勝政太郎著を参考にしています。


1)銀閣寺  (手水鉢は次の機会に)

 慈照寺(銀閣寺)については非常に有名でその姿がよく知られています。
 あまり、紹介されない、次の2点の写真を紹介しておきます。

 a)銀閣寺垣
 b)花頭窓

          
銀閣寺垣
正門に入る前にあります。

椿やアラカシという生垣の足元を隠し
庭園内の視界をさえぎっている。銀閣寺垣

他に京都では御所の「茶せん垣」天竜寺の「天竜寺垣」
二尊院の「二尊院垣」が有名

垣の種類は多く、機会があれば紹介します。







花頭窓

夜の明かりに照らされる、花頭窓から2階の明かり
も楽しめます。(写真は昼ですが)
花頭窓(火灯窓)は書院窓と呼ばれ、時代により
形が変化し、花頭窓は素敵な形です。
是非違いをお楽しみ下さい。
このアングルから、京都市内も見れます。
満月の晩がここのベスト時間でしょう・










2)砂壇について(砂盛り含む) 

  京都市内の神社・仏閣で砂壇があるところを調べたところ
  次のところで見つかりました。目的はよくわからないところですが
  禅宗寺院に見られる、枯山水を発展させたという説もあります。

    a)法念院(前述)
  b)銀閣寺
  c)禅林寺(永観堂)(しらなかった)
  d)上賀茂神社

銀閣寺の銀砂壇 向月台

  
禅林寺(永観堂)


 禅林寺(永観堂)
 他のブログから借用
 デザインは不明

自前の写真を調べたら
あった。模様は市松模様
禅宗でないが上賀茂神社の砂盛

0 件のコメント:

コメントを投稿