2016年10月12日水曜日

毎日のクラシック曲(第176回)

今日のお勧め曲はモーツアルトの「弦楽五重奏曲 第4番 K516]を選びました。モーツアルトは数多くの四重奏曲とともに、五重奏曲も6曲残してくれています。四重奏曲にヴィオラを1台追加しただけなのに、中・低音が充実されました。

この4番は、少し、暗いですが、精緻で、柔らかく澄んだ名曲だといわれています。名演奏が多いなかで、「ラルキブデツリ」を1番にもって来ました。古くからある、ブタペストSQ番は見つからなかった。しかし、最近の名演奏はほぼ、あったので、充分、満足して、ゆっくり聞いてみた。Kuijken Quartet+寺神戸盤もいいです。是非お試しください。

涼しくなると、落ち着いた四重奏曲や五重奏曲はうってつけだと思います。K515の3番は次の機会にしますがいい演奏がYoutubeでありましたのでお聴き下さい。演奏も画面も美しいのでのっけておきました。


今日のお勧め曲


日時(date) 12-Oct-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Mozart
分類(Classification 室内シツナイガクキョク
曲名(Song Title) String Quintet #4 K.516
演奏者(Performer
指揮者(conductors
楽団(Orchestra L'Archibudelli Quartet
 
専門家推薦盤(Expert recommendation board
アルバン・ベルク四重奏楽団 マルクス・ヴォルフ
Kuijken Quartet
Josef Suk: Smetana Quartet
Amadeus Quartet with Cecil Aronowitz (2nd Viola)
  Mozart, String Quintet in C KV 515, HD recording Delft Music 
 
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典 258
レコ芸名曲名盤500 292
クラッシク不滅の名盤1000 
モーツアルトメイバン大全タイゼン
 
コメント モーツアルトの弦楽ゲンガクヨンジュウソウキョクは23キョクありますが、さらにVaもう1ダイクワえた五重奏ゴジュウソウキョクは6キョクツクっている、五重奏曲のナカでも傑作ケッサクといわれているのが4バンです。この4バンメズラしく「クラ気分キブン」にさせるキョクです。1年後ネンゴツクった、交響曲「第40番」のカナしみのシンフォニーと良く比較されます。五重奏曲の3バンは交響曲「第41番ジュピター」と対比タイヒされる。老ハイドンをロンドンに送るとき、「もう会えない」
といったといわれるが、2年後ハイドンが戻った時、この世にいなかったとある。師ハイドンの影響を受けたSQは傑作ぞろいです。



11月中旬に初孫が出来る、家内と息子が住む水戸まで切符とホテルを手配した。神戸から茨城まで空路では1時間30分とのこと、現役時代は、仕事(国内電力会社の技術対応)がら、北は釧路から南は那覇まで、何度も飛行機で出張したが、この路線は初めてで楽しみだ、孫の顔を見たら、上野の美術館で「襖絵」をと思っているが、うまく、時間をとれるか。落語も聴きたいし、秋葉原の古本屋も顔を出したい、 娘と酒も飲みたいが、うまく調整がつけばよいことを祈る。今回は2泊3日で計画。留守番させる鳥3羽も心配だ

0 件のコメント:

コメントを投稿