2016年10月28日金曜日

週末のオペラのご案内(第4回)

今週のオペラはプツチーニの「トーウランドット」をお送りします。このオペラは、イタリア人から、見る中国人を不思議な雰囲気で表現した、大型な仕掛けをもつオペラで、壮大な舞台・衣装・装置・登場人物など、どれをとっても、素晴らしい。
三人の大臣は独特の役割で面白い。

プツチーニは作曲の途中で亡くなったといわれている。「リュー」が名を明かさず、自殺する以降は、アルファーノという、作曲家が引き継いで、完成させた。

プツチーニの作品はこのほか「蝶々婦人」「トスカ」「ラ・ボエーム』などが有名。たまたま、最近放映された、NHKのクラシック音楽館で、80歳コンビで小澤とともに、指揮していた、ズービンメータの若い時のDVDです。(10月7-12日サントリーホール収録)

余談だが、ムターさんもお年を召された・・・そういえば、このトーウランドットお姫様もお年を召された方だった。

二人とも、ウイーン国立歌劇場で、オペラを指揮したメンバです。しかし、元気なものだ。11月に入ると、サントリーホールでテイレマンのワーグナーの「ラインの黄金」の公演があるが、席は43,000~10,000円とのこと、やはり、オペラのチケットが高くなるのも、うなずける。


①コンテンツ個別コベツデータ
公開日
NO. ダイ4カイ
作曲家名 プッチーニ
国名 イタリア
作品名 歌劇『トゥーランドット』全曲
鑑賞辞典推奨頁 N/A
レコ芸500推薦バン 336
その他推奨本名 クラシック不滅フメツ名盤メイバン1000
整理番号 4
オナ演目エンモク公開回数 ショ
コンテンツの種類・本 ホン
演奏日・放送日
指揮者 指揮:ズービン・メータ
楽団・合唱団 演奏:フィレンツェ5月祭管弦楽団・合唱団
演奏場所
コンテンツ詳細ショウサイ プッチーニ最後の傑作オペラを、原作の舞台である北京の紫金城で上演した作品。中国政府が全面協力し、「紅いコーリャン」などで有名な中国随一の映画監督、張芸謀(チャン・イーモウ)が演出を担当。1500着もの衣装ほか、入念なデザインと装置を駆使して撮影しています。カラー、154分。
トゥーランドット:ジョヴァンナ・カゾッラ
カラフ:セルゲイ・ラーリン
ティムール:カルロ・コロンバーラ
作品サクヒンキョウツウデータ
作曲家名 プッチーニ
国名 イタリア
作品名 歌劇『トゥーランドット』全曲
幕数 3
上演時間 2時間ジカン
有名な合唱曲、アリア きください王子様オウジサマ コオリのような姫君ヒメギミココロ ダレてはならぬ ほか
主な登場人物 トゥーランドット姫 (ソプラノ)
中国の皇帝アルトゥーム、トゥーランドットの父 (テノール)
ティムール、ダッタン国を追われた盲目の廃王 (バス)
リュー、若い娘。ティムールと王子に仕え、王子に密かに想いを寄せる召使 (ソプラノ)
身分を隠している名前の知れない王子(実はカラフ)、ティムールの息子でダッタン国の王子 (テノール)
参考文献 オペラガイド130選 38
オペラ鑑賞事典 271 
オペラの魔力 
ウイキペデアコメント 『トゥーランドット』は、フランソワ・ペティ・ド・ラ・クロワが1710年〜1712年に出版した『千一日物語』の中の「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫の名前であり、また、その物語を基にヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィが1762年に.著した戯曲、および、それらに基づいて作曲された音楽作品である。..
完成: 1924年
作曲家: ジャコモ・プッチーニ
言語: イタリア語
プロの推薦スイセンCD&DVD カラヤン・ウイーンフイル
ブラデリ・ローマ歌劇カゲキジョウ
エレーデ・ローマセイチェチアーリ音楽院オンガクイン
セラフイン・ミラノスカラ
ザルツブルク音楽祭2002 TURANDOT トゥーランドット(日本語字幕)

若いズビンメータと監督の舞台挨拶

0 件のコメント:

コメントを投稿