2016年12月29日木曜日

毎日のクラシック曲(第224回)

今日のお勧め曲はロッシーニの「序曲集」を選びました。ロッシーニは20年間で、40曲以上のオペラを作曲した人ですが、現在は、「セビリアの理髪師」と「ウイリアム・テル』と数点ぐらいがオペラとして演じられます。

しかし多くの序曲の作品があります、歌曲付も有りますが、単独で取り上げられる管弦楽曲として、良く演奏されます。

名曲集だけあって、数多くCDが録音されています。指揮者により、7-11曲程度ですが、マリナーナのように、全曲(?)あるCDも有ります。プロの評価はシャイー、とトスカニーニ、アバド盤が推しています。

主だったCDはいずれも手許にあり、満足した選曲でした。オペラのほうは、毎週金曜日にいくつか紹介する予定です。


今日のお勧め曲


日時(date) 29-Dec-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局
作曲者(composer) Rossini
分類(Classification)
曲名(Song Title) Ouverturen (ジョキョクシュウ
演奏者(Performer)
指揮者(conductors) Riccardo Chailly
楽団(Orchestra)
専門家推薦盤(Expert recommendation board) Herbert Von Karajan: Berlin Philharmonic Orchestra
George Szell Cleveland Orchestra
Arturo Toscanini: NBC Symphony Orchestra
Claudio Abbado: London Symphony Orchestra
Neville Marriner: Academy Of St. Martin In The Fields
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 390
レコ芸名曲名盤500 361
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
コメント ロツシーニは40曲以上キョクイジョウのオペラをツクったが現在ゲンザイ上演ジョウエンされる、演目エンモクは「セビリアの理髪師リハツシ」、「ウイリアム・テル」と数点スウテンですが、数多カズオオ序曲ジョキョクシュウノコし、単独タンドク演奏エンソウされる機会キカイオオい、プロの評価ヒョウカシャイー、トスカニーニ、アバドバンタカい、オオくのCDがあるので、マヨうところ、カラヤンバンはスッペ序曲ジョキョク一緒イッショにあり、カズスクないキョクスウしかつからない。ゆっくり、手許テモトにあるCDをいてみた。




今日で、今年のブログは終えます。正月明け4日からまた、開店いたしますので、
御高覧の皆様、どうか、いいお年をお迎えくださるようお願い申し上げます。

ご覧いただいている国の言葉で、グーグルにより、自動翻訳をしました。

Today, this year 's blog is over. Since we will open again from the 4th day of the New Year,
Everyone who is watching the blog, please ask for a good year.

Тода у, тройник сек Да г 'ы б процентов г имеют s Ove г. Synth веб затекания л Открыть Снова е фильтрат м хочу 4-ой-х у вы хотите е пе ш Yea г,
Everyo Я чюо у s я т фонарь г хочет б процентов г, р Ease Oh ск Fo г О ваш ваш d Да г.

토다 y, 티 s 예아 r 's b ぉ g 있지 s おゔぇ r. 신디 웹 위ッ l おぺん あがいん f 여과 m てぇ 4th이다 y 것이 f てぇ군요 w 예아 r,
えゔぇりょ 네요 워 있었다 s거야 t 초롱 g てぇ b ぉ g, p ぇあせ 아 sk 포 r 아 숙박 고객 d 예아 r.

Toda y, b tee s Yea r 's faoin gcéad g bhfuil s Ove r. Gréasáin Sintéiseach wicking l Oscailte Arís f scagáit m ag iarraidh a 4 ar y is mian leat f ne w Yea r,
Is mian Everyo wo agam s T liom laindéir g b gcéad g, p Éasca Oh sk Fo r Oh do do d Yea r in aghaidh.

Toda y, b pour cent g s 'Yea r t ont s Ove r. Synth web l mèche ouverte Encore une fois f filtrat m veulent 4e de y vous f voulez ne w Yea r,
Everyo Je Wo ai s I t lanterne g b veut pour cent g, p Facilité Oh sk Fo r Oh votre votre d Yea r.

Toda y, b 's tee s Yea r por cento g tem s Ove r. Synth web wicking l Abrir Novamente f filtrado m quer 4º do y você f querem ne w Yea r,
Everyo I wo tem s I t lanterna g quer b por cento g, p Facilidade Oh sk Fo r Oh seu o seu d Yea r.

2016年12月28日水曜日

毎日のクラシック曲(第223回)


今日のお勧め曲はブラームスの「クラリネット五重奏曲 Op115」を選びました。この曲は何度か聴いていますが、恐らく、最後まで、聞いた記憶がなさそうで、意外と長い渋い曲です。年末の忙しい時こそ、こんな曲がいいのではと思いました。

モーツアルトのクラリネット五重奏曲(K581)と並び有名な曲ですが、知名度はモーツアルトの方が上のようです。しかし、クラリネットの持つ、美しさと特徴はこの曲に充分示されている曲で、多くのクラリネット奏者のCDが出ています。

カップリングもモーツアルト曲と同じことが多い。手許を調べた結果、5枚もあり、充分満足して、聴き比べられます。ウラッハ、マイヤー、プリンツ盤がプロの評価が高く、若い演奏家のCDも数多く、出ているが、管楽器はリード楽器の音量のせいか、地味な存在だろうか?若い、演奏者の知名度が低い。

今回、ブラームスのデータを調べたら、ブラームスのSQを聞いてないことが分かり、随分、どちらを聴こうかと迷ったが、この曲に落ちついた、ブラームスの作品は多いので、まだまだ、楽しめる。


今日のお勧め曲

日時(date) 28-Dec-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局
作曲者(composer) Brahms
分類(Classification) 室内シツナイガク
曲名(Song Title) Clarinet Quintet Op.115
演奏者(Performer) Leopold Wlach
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra) Vienna Konzerthaus Quartet
専門家推薦盤(Expert recommendation board)
Alfred Prinz - Wiener Kammerensemble
Richard Stoltzman; Tokyo Quartet
Jacques Lancelot (cralinet)
Karl Leister
ブラームス: クラリネット五重奏曲 ロ短調 作品115 ザビーネ・マイヤー
The Jerusalem Quartet and Paul Meyer perform Brahms' Clarinet
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 603
レコ芸名曲名盤500 105
クラッシク不滅の名盤1000 
200CD管楽器カンガッキ名曲メイキョクメイバン
コメント 最初サイショ旋律センリツオボえていましたが、最後サイゴまで、あまり聴いた記憶のない曲でした。モーツアルトのホウが、有名ユウメイですが、いい曲です。調シラべてみると手許テモトに5テンあり、ジャケッとの表記ヒョウキがドイツのため、サガしきれないCDがあるかもしれない。クラリネット奏者ソウシャとなると、6ニンほどしからない。肝心カンジンリョウメイヤーのキョクつからず、Youtubeにタヨった。BGMとしてお楽しみください。



早いもので、あと数日で今年も終わる。レコード芸術の1月号を久しぶりに買った、10数年、欠けることなく、買って来たが、活字が小さく、読みずらくなり、ついにあきらめた。付録のレコードイヤーブックを見ると、今年も多くの音楽家が逝けた。ブーレーズ、アーノンクール、ネヴィル・マリナー、クルトマズアなどの指揮者、そういえば評論家の宇野氏もなくなった。1930年前後の人にお呼びがきたようだ。年賀状の住所録を整理していると、物故者の多さにおどろく。

2016年12月27日火曜日

毎日のクラシック曲(第222回)

今日のお勧め曲はベートーヴェンの「ピアノと管楽のための五重奏曲Op16」を選びました。この曲オーボエ、クラリネット、バスーン、ホルンとピアノと珍しい組み合わせで、恐らく、メンバを揃えるのが困難な曲の一つでしょう。ベートヴェンはモーツアルトの曲(K452?)を参考に作ったようです。

なんと、この曲は手許に1枚しかありません。ブレンデル盤のみでした。レヴァイン、グルダ、ペライア、ギーゼキングも期待しましたが、探すこと30分あまり、ついにあきらめ、寂しいが、この結果となりました。ブレンデル盤はピアノ小品集,バガテル集,五重奏曲&ロンドの中に見つかりました。指揮者のレヴァインはピアニストだったことも初めて、知りました。

NHKの朝5時からのクラシック倶楽部で、室内楽で取り上げられた事もあると思いますが、定かでありませんそれぞれ、楽器を有名な演奏家を揃えるには、難しいので、管楽器メンバ+ピアニストとなります。Youtubeで3点見つかりました。

寂しい結果ですが、曲は穏やかで、聴いて、遜色のない、立派な曲で、どういう背景で作られたか、説明のある本が
ない曲でした。モーツアルト大全の解説には、ベトーヴェンのこの2曲しかないと、記されている。


今日のお勧め曲

日時(date) 27-Dec-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局
作曲者(composer) ベートヴェン
分類(Classification) 室内シツナイガク
曲名(Song Title) ピアノ五重奏曲変ホ長調op.16
演奏者(Performer) Alfred Brendel・ホリガー
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra)
専門家推薦盤(Expert recommendation board)
.ベートーヴェン:ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調作品16 ... レヴァイン
** 26.ベートーヴェン:管楽器のための五重奏曲 変ホ長調(断章)Hess19 
ベートーヴェン ピアノと管楽のための五重奏曲 作品16-1: Oita Chamber ...
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 325
レコ芸名曲名盤500 48

コメント このキョクハジめてキョクです。オソらく手許テモトにないものとおもうが、調シラべた結果ケッカ、1マイだけつかった。Youtubeでもレヴァイン盤他3マイだけで選曲センキョクミスかもオモわれますが、全部ゼンブあるはずもなくこういうときもあります。それにしても、時間ジカンヨウした。レコゲイ500推薦スイセンのピアニストはホトンハジめて名前ナマエだった。プレヴィン盤はこの曲に限定してきいた。


2016年12月26日月曜日

毎日のクラシック曲(第221回)


今日のお勧め曲はリストの「交響詩(前奏曲)S97」を選びました。リストはピアノといわれるぐらい、有名ですが、多く(計13曲)の交響詩を作っています。

中でも、この前奏曲が、有名ですが20分弱の短い曲ですので、単独ででなく、いくつかのカップリング曲と共に。CD化されています。交響詩の中で、良く演奏されるのはリストのコメント欄をご参考にして下さい。


リストの交響詩はベルリーオーズに感銘を受け、多くの交響詩を手がけたが、後に、Rシュトラウス、スメタナ、ボロデン、シベリウス、ドヴユッシーが作る交響詩曲の作曲家の手本となったようです。形容詞を説明に使わない主義ですが、詩的瞑想を感じるいい曲です。

カラヤン、フルトヴェングラー、ショルテイ、シーノボリという大御所のCDをお勧めします。Youtubeでいくつか見つけましたので、あわせて、お楽しみ下さい。曲名がドイツ語のままもあり、判読が困難な点も有りますが・・・

その②にYoutubeでバロック音楽を楽しむ方法を記しました。是非、ライブラリーの追加にご利用下さい。
まったく、知らない作曲家もおり、バロック音楽にはまりそうです。



今日のお勧め曲

日時(date) 26-Dec-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局
作曲者(composer) Liszt
分類(Classification) 管弦楽カンゲンガクキョク
曲名(Song Title)  Les Préludes (交響コウキョウ 前奏曲ゼンソウキョク(第3番)S.97)
演奏者(Performer) Shura Cherkassky(ハンガリー幻想曲)
指揮者(conductors) Herbert von Karajan
楽団(Orchestra)  Berlin Philharmonic Orchestra
専門家推薦盤(Expert recommendation board) ウィルヘルム=フルトヴェングラー指揮ウィーン=フィルハーモニー管弦楽団
Giuseppe Sinopoli Vienna Philharmonic Orchestra
London Philhamonic Orchestra/ Orchestre de Paris/ Sir Georg Solti
Les Préludes - YouTube マゼール
Liszt - Les Préludes - Kocsis - YouTube コチシュ
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 447
レコ芸名曲名盤500 219
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ 管弦カンゲンガクキョクヘン
コメント さすがに、3ニチ連続レンゾク声楽曲セイガクキョクツカれるので、今日キョウは、リストの交響コウキョウとしました。リストといえばピアノキョク定番テイバンですが、交響コウキョウキョクを13キョクツクり、ノチのR・シュトラウス、スメタナ、ボロデン、シベリウス、ドヴユッシーなどの交響コウキョウキョクのお手本テホンとなった、サクキョクであるといあわれています。カズあるナカで、ダイバン前奏曲ゼンソウキョクトク有名ユウメイで、オオくのCDに録音ロクオンされている、名曲メイキョクです。リストの交響コウキョウは#1「山岳サンガク交響曲コウキョウキョク」#2「タッソ」#3「前奏曲ゼンソウキョク」#6「マゼッパ」ハンガリー狂詩曲、幻想曲ゲンソウキョク等が有名ユウメイです。結局ケッキョク、4枚がマイ手許テモトにありました。



その②バロック音楽の楽しみ方
 
Youtubeでバロック音楽を集めてみると、ご紹介しましたが、ようやく、J・Sバッハとヴィヴァルデイを除いて、作曲家別にリストがまとまりました。いずれも数分程度の曲は避け、30分ー2時間程の公開されている曲を選んでみました。手法は次の通り。著作権上は御自分の責任でお願いします。画質・音質のよいものを選ぶことをお勧めします。

とりあえず、参考書から25人選び、ダウンロードしてみました。時間をかければ、さらに追加可能です。
演奏家別に検索・整理も簡単に出来ると考えます。音質変換は別ソフトで出来るか?未トライ

1)グーグルの動画検索でYoutubeを英文で選ぶ、(日本文は登録などの制約が多い)
2)フリーソフトで「freemake video downloder]に貼り付ける これだけでダウンロードが出来る。
3)PCのヴィデオに格納されたこと(mP4)を確認し、HDDの作曲家別に分類し、それぞれの曲を格納する
4)次から、視聴する時は専用ホルダーから呼び出す

                      主な作曲家と検索結果と入手CD&DVD数

No, サクキョクメイ クニメイ 時代ジダイ 枚数マイスウ 備考ガッキ
1 John Dowland イギリス 1563-1626 7 リュート
2 Girolamo Frescobaldi イタリア 1583-1643 6 鍵盤ケンバン楽器ガッキ
3 Heinrich Schütz ドイツ・オーストリア 1585-1672 7 サクキョク
4 Johann Schmelzer ドイツ・オーストリア 1620- 7 サクキョク
5 Jean Baptiste Lully フランス 1632-1687 5 サクキョク
6 .Marc Antoine Charpentier フランス 1643-1704 7 サクキョク
7 Heinrich  Biber ドイツ・オーストリア 1644-1704 7 サクキョク・Vn
8 Arcangelo Corelli イタリア 1653-1713 9 サクキョク・Vn
9 Marin Marais フランス 1653-1728 7 作曲家/ヴイオール
10 Giuseppe Torell イタリア 1658-1709 6 サクキョク・Vn
11 Henry Purcell イギリス 1659-1695 3 歌曲カキョク
12 Jean Gilles フランス 1668-1705 5 サクキョク
13 François Couperin フランス 1668-1733 10 作曲家/クラヴサン
14 Dieterich  Buxtehude ドイツ・オーストリア 1673-1707 10 オルガン
15 Jan Dismas Zelenka その欧州オウシュウ 1679-1745 6 サクキョク・Vn
16 Georg Philipp Telemann ドイツ・オーストリア 1681-1767 9 オルガン・指揮シキ
17 Jean-Philippe Rameau フランス 1683-1764 7 クラヴサン
18 Domenico Scarlatti イタリア 1685-1757 12 チェンバロ
19 Leopold weiss ドイツ・オーストリア 1686-1750 8 リュート
20 François Geminani フランス 1687-1752 2 サクキョク・Vn
21 Giuseppe Tartini イタリア 1692-1770 13 サクキョク・Vn
22 Antonio Locatelli イタリア 1695-1764 11 サクキョク・Vn
23 Jean-Marie Leclair フランス 1697-1764 4 サクキョク・Vn
24 Giovanni Battista Pergolesi イタリア 1710-1736 11 サクキョク
25 Carl Philipp Emanuel Bach ドイツ・オーストリア 1714-1788 14 オルガン・指揮シキ



作曲家選定のための参考とした資料
シリョウ


1) クラシック音楽オンガク鑑賞カンショウ事典ジテン
2) クラシック不滅フメツ名盤メイバン 1000
3) レコードゲイjジュツ 2005・10月号ガツゴウ
4) 200CD 古楽コガクへの招待ショウタイ
5) 古楽コガクCD100ガイド
6) バロック音楽オンガク 皆川ミナガワ達夫著タツオ

2016年12月25日日曜日

毎日のクラシック曲(第220回)

今日のお勧め曲はシューマンの「歌曲集 (女の愛と生涯)Op42他」を選びました。女の愛と生涯はシューマンの歌曲で最も代表的な女性曲といわれています。

長い恋愛の末、クララと結婚した年の作曲で、全8曲です、詩人ハイネ詩をもとに、作っているとのこと、恋をして結婚・母親・夫に先立たれ、未亡人になるという、女の生涯を悲しい結末を持った曲で、幸福の絶頂期になぜこの曲を作ったか謎といわれています。

評判の歌手のCDが3枚、手許にありました。中身はこの曲以外に入っています。シュワルツ盤は「リーダークライス」も歌っています。他の2人は別の歌曲を取り上げています。ドイツ語で中身がよく分からない。

シューマンは対照的に男性歌手が歌う「詩人の恋Op48」は男性の恋の悲しさを歌っており、こちらも、有名です。今回レコ芸500ではさらに「リーダークライスOp39」も入れています。

他に、シューマンの歌曲はも数多くありますが、女性と男性の歌手で、適宜、選んで、同じ上の3枚(OP42,48,39)のCDに追加して、入っています。残念ながら、白井光子盤は手許にもなく、Youtubeは#39でした。いくつかYoutubeにありましたので、ご紹介しておきます。


今日のお勧め曲


日時(date) 25-Dec-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局
作曲者(composer) Schumann
分類(Classification) 声楽セイガクキョク
曲名(Song Title) 歌曲カキョクシュウ オンナアイ生涯ショウガイOp42            (Frauenliebe Und -Leben, Op. 42) ホカ
演奏者(Performer) Anne Sofie Von Otter, Berndt Forsberg
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra)
専門家推薦盤(Expert recommendation board) Elisabeth Schwarzkopf
Kathleen Ferrier, John Newmark
Edith Mathis The complete Frauenliebe und leben Schumann - YouTube
Bernarda Fink: Frauenliebe und -Leben by Schumann - YouTube
Jessye Norman: Frauenliebe und -leben by Schumann - YouTube
白井光子 - YouTube No.39
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 447
レコ芸名曲名盤500 409
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
コメント 昨日サクジツゾク声楽セイガクキョクにトライしてみました。ハジめてキョクです。3ニン有名ユウメイ歌手カシュのCDがあり、充分ジュウブンオモいました。翻訳ホンヤクされた歌詞カシがあれば、えられるのですが、やはり、原語ゲンゴのままだと、3マイのCDで充分ジュウブンです。おきなカタのために、Youtube で、できるだけ調シラべてみました。ホド有名ユウメイキョクオオくの録音ロクオンがあり、レコゲイ500の歌手カシュエラんでおきました。是非ゼヒタノしみください。30プンほどのキョクですが翻訳版ホンヤクバンはYoutubeでみつからなかった。




なお、昨日のYoutubeでご紹介したアヴェマリアのカラスの声とは違うようで、真偽が話題となっています。絶対と信んじる、事は避けた方がよさそうです。それにしても、詳しい方が居られるので、驚いています。昨日はクリスマスコンサートの
曲をYoutubeで、楽しめました。フリーソフトで、変換し、HDDに画像とも、格納できました。

2016年12月24日土曜日

毎日のクラシック曲(第219回)

今日のお勧め曲はシューベルトの「シューベルトの歌曲集」を選びました。さて、今日はクリスマスイヴの24日、クリスマス向きの曲ということで、この曲をえらびました。さらに、今日のお勧めは追加として、ホームクリスマス用と、アヴェマリア曲と盛りだくさんになりました。

シューベルトは3つの歌曲集に加え、多くの歌曲(650)曲近くがあり、著名な声楽家が、選曲して、歌っているCDを選ぶのが無難といわれています。声楽を専門にやられる人には不十分ですが、歌曲集として、手許の4点を選びました。
F.ディースカウとSchwarzkopfが双璧と思います。また、クラシック曲として、Anne Sofie Von Otter家庭のためのクリスマスCDはお勧めです。

アヴェマリアはシューベルトとグノーが有名だということですが、シューベルトは歌曲「湖上の美人」の中にある「エレンの歌第3番」、グノーはJ.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集第1巻」の「前奏曲第1番ハ長調」を伴奏にして、ラテン語の「アヴェ・マリア」の歌詞と旋律をつけて完成させた声楽曲だそうです。

アヴェマリアについてはYutubeで探しておきました、筆者は歌曲に、まったく疎く、このブログを通して、知識を広げているところです。不十分な説明のところは容赦ください。

今日のお勧め曲


日時(date) 24-Dec-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局
作曲者(composer) Schubert
分類(Classification) 声楽セイガクキョク
曲名(Song Title) メイ歌曲カキョクシュウ
演奏者(Performer) F.ディースカウ/G.ムーア
指揮者(conductors)
楽団(Orchestra)
専門家推薦盤(Expert recommendation board) Elisabeth Schwarzkopf, Edwin Fischer
Renée Fleming, Christoph Eschenbach
Ameling
Anne Sofie Von Otter (Home for Christmas) クリマス特集トクシュウバン
 AVE MARIA DI SCHUBERT - MARIA CALLAS - - YouTube
ANDREA BOCELLI (HQ) AVE MARIA (SCHUBERT) - YouTube
Bach/Gounod Ave Maria - Laura Ullrich - YouTube
Jessye Norman - Ave Maria (Gounod) - YouTube
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 371-380
レコ芸名曲名盤500 396
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
コメント 今日キョウはクリスマスイヴなので何かと考え、探した。Anne Sofie Von Otterの家庭カテイヨウCDが手許テモトにありました。アヴェマリアはないかと思い探しましました、シュベルトとグノーの歌曲カキョクにあることはいていたのですが、シュベルトは1000キョクチカくありますので、1キョクサガすのは困難コンナンで見つからず、結局、シューベルトの歌曲カキョクエラんでみました。恐らく選んだCDにはありません。シューベルトアヴェマリアはの歌曲集「湖上の美人」の中にある「エレンの歌第3番」という歌曲です。にグノーのアヴェマリアは、・グノーがJ.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集第1巻」の「前奏曲第1番ハ長調」を伴奏にして、ラテン語の「アヴェ・マリア」の歌詞と旋律をつけて完成させた声楽曲です。個別に探すのはあきらめ、Youtubeで検索しました。


   皆様、どうかいいクリスマスを、我々老夫婦はこれらの曲を聴きながらで、穏やかに過ごしまます。早く、年賀状と
   作れと催促を受けています。今日は頑張らねば・・・

週末のオペラのご案内(第35回)

 今週のオペラはヴェルデイの「仮面舞踏会」を選びました。このオペラはヴェルデイが音楽とドラマを緻密に結びつけた記念碑的な作品といわれています。  スウエーデン国王暗殺を題材としているが、17世紀のアメリカのボストンに置き換え演じられるが、最近では元の題材で演じられることも多...