2016年12月17日土曜日

週末のジャズ(第44回)

今週のジャズはミシェル・ペトルチアーニのピアノ曲を選びました。筆者のジャズはこの人の曲とジャケットを目にして、はまったというぐらい、大好きです。クリスマスプレゼントをかねて、今年最後に御贈りするジャズとして、大好きなミシェル・ペトルチアーニとしました。手許には11枚ありました。

生まれながらの難病で、体躯も90cmほどから、弾き出す、強靭な旋律に惚れてしまいました。20歳ぐらいまでしか生きれないといわれていましたが、36歳まで頑張って、ついに、夭折してしまいました。

ポスト、ビル・エヴァンスといわれるぐらい、似た演奏をします。エヴァンスがもっと生きていれば、彼の演奏のようになるのではとも言われています。プロの評価と異なりますが、筆者は個人的にAu théâtre des champs-éliséesがベストです。

名前からして、フランス人ですが、主な活躍はアメリカでした。ヨーロッパ的なプレイを感じさせない人でしょう。とにかく、素晴らしい曲が多いので、年末の忙しい時、BGMとしてもうってつけです。是非、お試しください。

手許とあわせて、出来るだけ、Youtubeでも集めてみました。参考書④に入れないのは評論家の好みでしょうか。


 

今週のジャズ



お勧め回数 43回目
日時 2016・12・17
ジャンル ジャズ
音源 CD
演奏者 Michel Petrucciani
演奏者国籍 フランス
楽器分類 ピアノ
主な推薦書
Myベストアルバム★ Michel Petrucciani plays Michel Petruccian ★ ①②③⑨
Pianism ★ ②③⑨
Michel Petrucciani - Live At The Village Vanguard ★ ①②③⑨
主なアルバム名と推薦本

Au théâtre des champs-élisées
Both Worlds
Days of wine and roses ( the owl years )
Days Of Wine And Roses (Disc 2)
Michel Petrucciani
Michel Petrucciani au Théâtre Des Champs-Elysées
Pianism ②③⑨
Playground
Power of Three
Toot Sweet
Michel Petrucciani - Live At The Village Vanguard (1985) - YouTube ②③
Michel Petrucciani - Estate (Summer in Italia) Live at Montreux 1990 
MICHEL PETRUCCIANI - Michel plays Petrucciani - YouTube ①②③⑨
コメント・ウイキペデアホカ ミシェル・ペトルチアーニは、フランス出身のジャズ・ピアニスト。先天性疾患による障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。 その独自性の強いスタイルはビル・エヴァンスらの影響を受けており、また一部ではキース・ジャレットとも比較される。
生年月日: 1962年12月28日
死没: 1999年1月6日, アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
 
 
参考サンコウ推薦書凡例 ジャズ喫茶マスターこだわりの名盤 鎌田他
モダン・ジャズの名演・名盤 岩浪
モダンジャズ決定盤 岡崎・大和
ジャズピアノ決定盤 佐藤
ジャズサックス決定盤 小川
辛口JAZZ名盤1001 寺島
ジャズ・ヴォーカルの名演・名盤 岩浪
んでから厳選ゲンセンジャズメイバン 小川オガワ
ベスト・オブ・ジャズピアノ




今週で2016年のジャズは終えます。次回は年明けから、続けますので、お楽しみに。やはり、ミシェル・ペトルチアーニ
は素晴らしい、ようやく、いいBGMを聴きながら、年賀状にかかれそうです。アマゾンに頼んだ、プリンタのインクは「なしのつぶて」、12月3日で輸送が止まったまま、まるで、蕎麦屋の出前、昨日、メールでキャンセルしたが通じたのか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

週末のジャズ(第91回)

 今週は夭折のトランッペッターの「ファッツ・ナバロ」を聴いてみることにしました。27歳ほどで、亡くなった人ですが、ジャズ 好きな人は業積 を大事にしてくれて、時々、こうして、思い出して、取り上げて、聴いてもらえるのがジャズ世界です。この人の演奏する暖かみのあるトーンと流れるよ...