2016年12月9日金曜日

週末のオペラのご案内(第10回)


今週のオペラはR・シュトラウスの「薔薇の騎士」を選びました、こののオペラはR・シュトラウスの大傑作といわれ、最も人気のある作品です。

まさに、喜劇です、登場人物が各幕ごとに主役の歌い手が変るようで、とにかく面白い、最後にハーッピーエンドの3重唱で締めくくられますが、各幕ごと、興味の尽きない、演技が続きます。

さすがに、3時間を超えますので、途中、休憩している間に寝てしまいました。再度、2幕からもう一度最後まで見ることが出来ました。もし、オクタヴィアンを演じる役者が女性でなければ、少し、やばい場面が数多くあります。

R・シュトラウスはナチスがらみで、戦争直後、仕事を干され、非常に苦労した作曲家です。しかし、無事、無罪となり、晩年、再度、脚光を浴びた、作曲家と言われており、最近ではこの作品も多くの人に楽しまれています。特に、カラヤンはこのR・シュトラウスの作品を多く取り上げています。

今回見たDVDは指揮がショルテイ、主演がキリテ・カナワの組み合わせで、充分満足しました。プロはカラヤン・シュワルツコップがベストと推しています。残念ながら、手許にありませんでした。

オペラシリーズも、早いもので、10回目となりました。筆者自身、遠避けてきましたが、このブログのおかげで、お蔵入りしていた、オペラのよさを再発見し楽しんでいます。今週のオぺラデータを下記にお示しします。

今週のオペラデータ

①コンテンツ個別コベツデータ
公開日 2016・12・09(金)
NO. ダイ10カイ
作曲家名 R・シュトラウス
国名 ドイツ
作品名 薔薇バラ騎士キシ
鑑賞辞典推奨頁 762
レコ芸500推薦バン 448
その他推奨本名 不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
整理番号 ダイ10カイ
オナ演目エンモク公開回数 初回ショカイ
コンテンツの種類・本 DVD
演奏日・放送日
指揮者 GEORG SOLTI
楽団・合唱団 The Roya Opera House po
演奏場所ホカ
コンテンツ詳細ショウサイ 陸軍リクグン元帥ゲンスイヴェルデンベルグ公爵コウシャク夫人フジン テレーズ Krite Kanawa
オクタヴィアン伯爵ハクシャク 元帥ゲンスイ婦人フジン愛人アイジン カンカン Anne Hougland
オックス男爵ダンシャク     好色コウショク男爵ダンシャク Aage Howells
ファーニナル  裕福ユウフク新興シンコウ貴族キゾク Jonathan Smmers
ゾフイー   ファーニナルのムスメ Babara Bonney
ヴァルザッキ イタリアの悪人アクニン
アンニーナ  ヴァルザッキの片棒カタボウカツオンナ
今回の「ばらの騎士」はリヒャルト・シュトラウスの傑作オペラで、絢爛豪華な大作です。名ソプラノとして人気の高いキリテ・カナワの元帥夫人はじめコヴェント・ガーデンでの名歌手の競演は見所タップリです。まず憂いを深める元帥夫人の存在が大きいです。元帥夫人の思いを込めた歌の部分に、このオペラの主題でもある「時の移ろい」が強く感じられ、オペラを一層深いものとしています。また、ばらの騎士オクタヴィアンと若い娘ゾフィーが一目で恋に落ちるシーンはオペラの真骨頂とも言えるでしょう。
作品サクヒンキョウツウデータ
作曲家名 R・シュトラウス
国名 ドイツ
作品名 薔薇バラ騎士キシ
幕数 マク
上演時間 時間ジカン15フン
有名な合唱曲、アリア キビしさにムネヨソオう,とうとうってしまった、あなたはかねばならない、地上チジョウのものとオモえない薔薇バラアフれるばかりのナミダワタシチカったことは、ユメなのでしょう本当ホントウではないのでしょうか
主な登場人物 陸軍リクグン元帥ゲンスイヴェルデンベルグ公爵コウシャク夫人フジン テレーズ ソプラノ
オクタヴィアン伯爵ハクシャク 元帥ゲンスイ婦人フジン愛人アイジン カンカン メゾソプラノ
オックス男爵ダンシャク     好色コウショク男爵ダンシャク バス
ファーニナル  裕福ユウフク新興シンコウ貴族キゾク バリトン
ゾフイー   ファーニナルのムスメ ソプラノ
ヴァルザッキ イタリアの悪人アクニン テノール
アンニーナ  ヴァルザッキの片棒カタボウカツオンナ アルト
参考文献 オペラガイド130選 118
オペラ鑑賞事典 283
オペラの魔力 125
ウイキペデアコメント 『ばらの騎士』作品59は、リヒャルト・シュトラウスの作曲したオペラ。この作品はワーグナーの後期のオペラに比肩する長大な作品規模と大掛かりな管弦楽ゆえにしばしば楽劇と呼ばれるが、これはシュトラウス自身の命名ではない。物語の舞台はマリア・テレジア治世下のウィーンに置かれ、ロココの香りを漂わせつつ、遊戯と真実を対比させた作品として仕上げられた。「時代遅れ」で「大衆迎合的」だと批判されたが、聴衆の支持は絶大で、今日ではシュトラウスの代表作と見なされているばかりか、ドイツ圏の主要歌劇場や音楽祭において最も重要なレパートリーの一つに数えられる。
完成: 1910年
作曲家: リヒャルト・シュトラウス
言語: ドイツ語
アリア: Ein ernster Tag, ein grosser Tag、 Mein lieber Hippolyte
プロの推薦スイセンCD&DVD カラヤン・フイルハーモニア
カラヤン・ウイーンフイル
E・クライバー・ウイーンフイル
ベーム・ウイーンフイル
ショルテイ・ウイーンフイル

Youtubeより

       Strauss: Der Rosenkavalier - The Royal Opera, Covent Garde


今回視聴したDVDは小学館 魅惑のオペラ 第10巻より

指揮者 ショルテイ


最後の三重唱

0 件のコメント:

コメントを投稿

毎日のクラシック曲(第275回)(3Bリスト付)

今日のお勧め曲はJ.S.BACHの「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタBWV1014-1019」を選びました.抜粋して、何度か聴いた記憶がありますが、全曲通して、しかも、聞き比べることは初めてでした、涙が出るくらいいい曲です。作られた、年代は定かでないようです。 ニ重奏曲の...