2016年12月2日金曜日

週末のオペラのご案内(第9回)

今週のオペラはロッシーニの「セヴィリアの理髪師」を選びました。

このオペラはモーツアルトの「フイガロの結婚」の前作といわれています。このオペラはロッシーニのオペラの中で、最も良く、上演されている作品の一つです。わずか13日程で書き上げたとはいえない作品です。

とにかく、どたばたの多い、愉快なオペラで、喜歌劇です。選んだDVDの説明文がなく、(これまで、概要がWEBで公開されている)データ作成に時間を要した.。

主な配役の中で有名なのはMaria Ewing だけで、指揮者は初めて聴く人でした。画面は比較的良く、とにかく、面白おかしいオペラでした。1-9回まで同じ小学館のDVDBOOKシリーズを選んできました。

手許に他2点ほど「セヴィリアの理髪師」のDVDが有りました。どうも、アバド盤も手許にあるようで、次回に御紹介します。


オペラデータを記しておきます

今週のオペラデータ

①コンテンツ個別コベツデータ
公開日 2016・12・02(金)
NO. ダイカイ
作曲家名 ロッシーニ
国名 イタリア
作品名 セビリアの理髪師リハツシ
鑑賞辞典推奨頁 393
レコ芸500推薦バン 362
その他推奨本名 不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
整理番号 ダイカイ
オナ演目エンモク公開回数 初回ショカイ
コンテンツの種類・本 DVD
演奏日・放送日
指揮者 David Nolan
楽団・合唱団 Lodon Po,The Glyndebourne Chorus
演奏場所ホカ
コンテンツ詳細ショウサイ ロジーナ         Maria Ewing
アルマヴィーヴァ伯爵 Max-Rene Cosotti
フイガロ       John Rawnsley
ドンバルトロ     Caudio Desderi
ドンバジーリオ    Ferrccio Furaneto
 両親をなくしたロジーナは、後見人バルトロの家に監禁状態になっている。バルトロは、ロジーナの遺産を狙い、娘ほど歳の離れたロジーナとの結婚を狙っている。
ふとしたことでロジーナをみそめたアルマヴィーヴァ伯爵は、「町の何でも屋」を自称するフィガロを使い、恋の成就のために、あの手この手の作戦を練る。
こっそり恋文を渡したり、ロジーナの音楽教師の弟子に化け、レッスンのふりをしながら駆け落ちの相談をしたり・・・。アルマヴィーヴァ伯爵の狙いに気づいたバルトロも、負けずに応戦。陰口を広めたりとドタバタ。
結局、アルマヴィーヴァ伯爵が、貴族の威厳を見せてロジーナを勝ち取り、バルトロには、ロジーナの遺産をやることで一件落着する。
作品サクヒンキョウツウデータ
作曲家名 ロッシーニ
国名 イタリア
作品名 セビリアの理髪師リハツシ
幕数 マク
上演時間 2時間ジカン40プン
有名な合唱曲、アリア ワタシマチナンでもヒガシソラ微笑ホホエみ、中傷チュウショウとはそよカゼのようなもの、イマ歌声ウタゴエホカ
主な登場人物 ロジーナ          ワカオンナ     ソプラノまたはメゾソプラノ
アルマヴィーヴァ伯爵ハクシャク  スペインの貴族キゾク テノール
フイガロ          理髪師リハツシ バリトン
ドンバルトロ        医師イシ ロジーナの後見コウケンニン バス
ドンバジーリオ      ロジーナの音楽オンガク教師キョウシ バス
ベルタ           バルトロ女中ジョチュウ メゾソプラノ
参考文献 オペラガイド130選 52
オペラ鑑賞事典 71
オペラの魔力 81
ウイキペデアコメント ロッシーニのオペラの中で最も速い2週間で作曲され、現在でも頻繁に上演される。現在もロッシーニ随一の人気作品ではあるが、特に作曲者の再評価が始まる1970年前後までは、他の作品がほとんど上演されることがなかったため、唯一の代表作扱いをされていた。悲劇が好まれるイタリアオペラとしては、ドニゼッティの『愛の妙薬』などとともに、少数派に属する明朗喜劇として人気を博している。
初演: 1816年2月20日
完成: 1813年
作曲家: ジョアキーノ・ロッシーニ
言語: イタリア語
プロの推薦スイセンCD&DVD アバド ロンドンso
バネタ ボローニア市立シリツ歌劇カゲキジョウカン 
グイ ロイヤルpo
ヴァルヴィーゾナポリロッシーニ 




Youtue( 字幕なし)  Il Barbiere Di Siviglia - G.Rossini - Scala - 1999 - YouTube
Rossini - La Cenerentola (complet - ST it-eng-fr-de-esp) - YouTube

    今回視聴したDVDより
指揮者 David Nolan 
主な出演者
n

0 件のコメント:

コメントを投稿