2016年3月17日木曜日

今日のお勧め曲(33)Beethoven&初めてのグーグル翻訳のトライ結果

今日のお勧め曲はベートーヴェンの交響曲第9番(合唱付)とします。ベルリンフィルとウイーンフイルのと著名な指揮者が多い曲で、どなたも知っておられると思います。第1番はなんと1951年に演奏されたフルトヴェングラーの指揮したバイロイト音楽祭で演奏されたもので、ナチスの戦争協力の容疑から開放されて演奏されたものです。
カラヤン盤は録音がいいので、合わせてお聴き下さい。なお、カラヤンは世界中のオーケストラから、指揮依頼がありましたが、イスラエルフイルからはなかった様です。
一昨日、とっても、いい連絡が、娘(息子の嫁さん)からあり、この歓喜の歌としました。離れているので、「お目でとう、ありがとう、頑張って」とメールをいれた。こんなときは「どんな曲にも優る」と思って選んで、聴きました。
クラッシクのブログ用のデータベースのフォームが固まりつつ、あります、やはり、1-2日分は抜けていました。とりあえず500曲を目標としていますので、データベース化が必須と思っています。

①今日のお勧め曲

日時(date) 17-Mar-16
ジャンル(Genre) Classic
音源(sound source) CD
TV局  
作曲者(composer) Beethoven
分類(Classification) Symphony
曲名(Song Title) Symphony #9 In D Minor, Op. 125, "Choral"
演奏者(Performer) Elisabeth Schwarzkopf, Hans Hopf, Etc.; Wilhelm Furtwängler: Bayreuth Festival Orchestra & Chorus
指揮者(conductors) Wilhelm Furtwängler
楽団(Orchestra) Bayreuth Festival Orchestra
専門家推薦盤(Expert recommendation board)
Herbert Von Karajan: Berlin Philharmonic Orchestra
Claudio Abbado: Berlin Philharmonic Orchestra
Sir Simon Rattel / Wiener Philharmoniker
Simon Rattel ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」(ベーレンライター原典版~ジョナサン・デル・マール編)
John Eliot Gardiner; Orchestre Revolutionnaire et Romantique
 
推薦図書(Recommendation book) クラッシク音楽鑑賞辞典 p 285
レコ芸名曲名盤500 39
クラッシク不滅フメツ名盤メイバン1000
メイバン鑑定カンテイ百科ヒャッカ交響曲コウキョウキョクヘン
 
コメント このキョクサクキョクしたころは交響曲コウキョウキョクヒトコエクワえることは大冒険ダイボウケンだった、ベートーヴェンは見事ミゴト成功セイコウさせたようだ。やはり、FurtwänglerのこのCDをくべきだろう。カラヤンバンは指揮者のナマコエける。日本ニホンでは12ガツハイると、このキョク演奏エンソウされる。ベーレンライター原典とはドイツの出版シュッパンシャ発行ハッコウしたもの




初投稿以来、閲覧者の中に外国人の方が1/4近く居られます。グーグルの即時翻訳機能を使って読んで居られるのでしょうか。少し、長い和文でも、数秒で英文をはじめ、色々な言葉に翻訳すると同時に、声に出してくれます。
そのうち、外国旅行も、タブレットPCがあれば、即時通訳が当たり前になるのでしょう。まえがきの部分だけ、試してみました。1秒とかかりません。すごい時代です、英語のできない筆者でもフィルの訳だけ訂正すれば十分ではと思いますが、韓国語、中国語、ベトナム語もあるようです
どうぞ、一度お試しください。オペラを自動翻訳または字幕挿入できる時代が其処まできているようです。

②グーグルでまえがきの部分を訳してもらった。なんと、1-2秒
 十分すぎると思いませんか?必要に応じて、少し訂正すれば充分です。

The recommended song of the day is Beethoven's Symphony No. 9 (with a choir). Berlin Philharmonic and Vienna Foil 's famous conductor are many songs, I think everyone knows. The first one was played at the Bayreuth music festival commanded by Furtwängler performed in 1951, which was released from charges of the Nazi war cooperation and was played.
Recording is good for the Karajan board, so please listen together. In addition, Karajan had command from the orchestra around the world, but it seems that it was not from the Israel file.
The day before yesterday, a very good contact was from my daughter (son's wife), and this was a song of joy. Because I am away, I sent an e-mail saying "Thank you for your eyes, thank you, do your best". In such a case, I thought, "I am superior to any song", I listened.

The form of the database for the classic blog is solidifying, there is still 1-2 days worth of missing. For the time being we are targeting 500 songs, so I think that it is essential to create a database. ,

  
英語に訳した例、韓国語・中国語もある。陶芸の窯を台湾も含めて行きたいが心強い。ヴェトナム語もあるかな?

 




0 件のコメント:

コメントを投稿

自由時間のクラシック(第72回)Brahrms(2)

 今日の自由時間のクラシックはブラームスの「 パガニーニの 主 題 による 変奏曲 Op35 」と「 ヘンデルの主題による変奏曲とフーガOp24 」を選んでみました。既に、有名なハイドンの変奏曲Op56はご紹介していますが、この二曲も、ブラームスの好きな人にははずせない名曲でし...