2016年9月30日金曜日

毎日のクラシック曲(第169回)

今日のお勧め曲はシューマンの「チェロ協奏曲Op129」を選びました。シューマンが残した唯一のチェロ協奏曲です。

このクラシックブログは、200回近くなっても、まだまだ、有名な曲が、目白押しです。チェロ好きな筆者にとって、楽しみに、残していた、いい曲です。シューマン母親からの遺伝の影響で、精神的病気を持っていたようで、この曲も病勢が進んだころの作品といわれています。

シューマンはピアニストを目指していたので、のピアノ曲も有名ですが、この曲も傑作の一つで、多くの名演CDが残っています。特に第2楽章が素晴らしいと思います。夭折したデユプレ&バレンボイム盤とマイスキー盤がおすすめです。ぜひお試し下さい。また、フルニエ盤はYoutubeでありました。


今日のお勧め曲

日時(date) 30-Sep-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Schumann
分類(Classification 協奏曲キョウソウキョク
曲名(Song Title) Cello Concerto Op129
演奏者(Performer Jacqueline Du Pré
指揮者(conductors バレンボイム
楽団(Orchestra ニューフイルハーモニア
 
専門家推薦盤(Expert recommendation board Rostropovich, cello • Orchestre National de France - Leonard Bernstein, conductor
János Starker; Stanislaw Skrowaczewski: London Symphony Orchestra
Mischa Maisky

Schumann: Cello Concerto, Fournier & Sargent (1956) 

 
 
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典 436
レコ芸名曲名盤500 402
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
名盤鑑定百科 協奏曲編
   
コメント シューマンの傑作ケッサクのひとつ、イッサリスをノゾいて、オモ演奏家エンソウカソロっていたが、ヨ・ヨーマのキョクはどうも、ベツキョクのようだが?この曲のダイ楽章ガクショウトク有名ユウメイ、手元になかった、フルニエ盤はいてみたいので、Youtubeでサガしてみることにする


2016年9月29日木曜日

毎日のクラシック曲(第168回)

今日のお勧め曲はJSバッハの「イギリス組曲」を選びました。もっと早く、この曲をご紹介したかったのですが、失念していました。昨日のベートーベンのピアノ曲を久しぶりに聴き、この曲を思い出しました。

「クラヴィーアのための6つのイギリス組曲」は「フランス組曲」の後に作られたが、「イギリス」と名前がついた意味は諸説あり、定かでない、バッハの末子の写楽譜の表面に「イギリス人のために作る」と書かれたともある。この曲は必ず、前奏曲から始まる、特異な曲だそうだ。理屈は別に、重厚で力強い曲調です。チェンバロとピアノ違いも面白いです。

便利なもので、CDがなくても。Youtubeで、2人の演奏家の曲が聴けた、便利な時代になったものだ、Youtubeはうまくつかいたい。Youtubeの取り扱いは自己責任でお願いします

その1 今日のお勧め曲 


日時(date) 29-Sep-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer)   JSバッハ
分類(Classification 器楽曲キガクキョク
曲名(Song Title) English Suite #1ー#6
演奏者(Performer András Schiff
指揮者(conductors  
楽団(Orchestra
 
専門家推薦盤(Expert recommendation board Gustav Leonhardt
Piotr Anderszewski(抜粋バッスイ
Helmut Walcha
曽根麻矢子(抜粋バッスイ

   例えば以下のYoutube 

Silent Tone Record/バッハ:イギリス組曲(全6曲)/グレン・グールド/独CBS 

  Murray Perahia - Bach: English Suites (1-6) - YouTube
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典 152
レコ芸名曲名盤500 12
クラッシク不滅の名盤1000 

ピアノ名曲・名盤1053
   
コメント ペライア盤、グールドバンはなかったがYoutubeでくことが出来デキた。5ニンのCDがあり、充分ジュウブンだとオモう。レコゲイ500には、始めて、名前ナマエく、鍵盤ケンバン楽器ガッキ奏者ソウシャがいたが、ザンネンだが、ベツキョクがあるが、このキョクはなかった。Youtubeをうまく使ツカうと、クラシックも手軽テガルタノしめる時代ジダイとなりました。


その② コラム欄のまとめ

昨日に続き、今日は、これまで、PC&フリー-ソフトの便利な使い方について、いくつか、コラム欄でご紹介してきました。今後もフォローできるように整理してみましたので、御活用ください。リタイアされた年代の方、向けですので、簡単に使えて、便利なものを選んでいます。ブログをコピーして、御自分のワードやエクセルファイルに貼り付けるといつでも使えます。


2016年9月28日水曜日

毎日のクラシック曲(第167回)

今日のお勧め曲はベートーヴェンのピアノ曲から「ピアノソナタ #30-32番」を選びました、ピアノソナタの後期作品といわれており、#29番までと区別した方がわかりやすいといわれています。

この30番からは比較的、小規模の曲となっています。50歳を過ぎたころの作品で、体調も良くない、状況で作られた曲といわれています。特に#31番は本人が名ずけた、「嘆きの歌」と呼ばれ、有名です。#32番は2楽章と短いですが、最後の傑作です。もうこれ以上付け加える必要のない曲だそうです。

ベートーヴェンのピアノ曲(1-32番はバッハの「平均律クラヴィーア曲集」を旧約聖書とすると、新約聖書と呼ばれています。ベートーヴェンを得意としている、巨匠のCDが数多くある中で、内田が健闘しています。秋に丁度いい美しい曲です。是非、お試しください。

次は中期の曲と#29の大作が残っています。


その① 今日のお勧め曲

日時(date) 28-Sep-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Beethoven
分類(Classification 器楽曲キガクキョク
曲名(Song Title) Piano Sonata #30-#32
演奏者(Performer Maurizio Pollini
指揮者(conductors  
楽団(Orchestra
  Mitsuko Uchida
専門家推薦盤(Expert recommendation board Emil Gilels(#30-31)
Alfred Brendel
Rudolf Serkin
Wilhelm Backhaus
   
   
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典 N/A
レコ芸名曲名盤500 68,69,70
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
  ピアノ名曲メイキョクメイバン1053
コメント ベートーヴェンの後期、ピアノソナタを選んでみると、さすが、大所は殆ど、登場する曲です。巨匠キョショウナカではけているヒトもいるが、健闘ケントウしている、内田ウチダバンもあり、このぐらいで、充分ジュウブン、音楽鑑賞辞典 は後期コウキの#30-32はげていない。


その② クラシックコラムの整理

これまで、参考データとして、クラシックコラム欄を何度か、書いてきました。もう一度、ご覧になりたい方のため、バックデータを整理してみました、適宜活用下さい。データはエクセルで貼り付ければ、御自分のデータ化が出来ます。筆者は、技術屋なので、形容詞を数多く、使った作品の説明が出来ません、データを出来るだけ、提示してクラシックの楽しみに加えて、いただければと思います。



2016年9月27日火曜日

毎日のクラシック曲(第166回)


今日のお勧め曲はモーツアルトの「ホルン協奏曲」を選びました。なぜか。いつも、1953年盤のブレイン・カラヤン盤が選ばれるぐらい、名演奏といわれています、他の追随を許さなかったのですが、最近はバウマンの「ナチュラルホルン」の評価が高くなってきました。

モーツアルトの仲のいい友人にホルン奏者がいて、彼のために作曲したそうで、明るく、素直な曲で、各曲とも変化が少なく同じように聞こえますが、特に3番と4盤がいいといわれています。

筆者はタックウエル盤が好きでした。昔はあまり選択枝の少ないCDでしたが最近はかなりあるようです。天才モーツアルトはホルン以外にも管楽器曲として、数多くの傑作を残してくれています。

「ナチュラルホルン」は解説書によると、「19世紀前半まではバルブを持たず、自然倍音のみを発音できるナチュラルホルンが用いられた。この楽器では普通の状態では自由に半音階を演奏することはできない」とあります。是非、この名曲で聴き比べて下さい。

その①今日のお勧め曲


日時(date) 27-Sep-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Mozart
分類(Classification 協奏キョウソウキョク
曲名(Song Title)  Horn Concerto #1-4
演奏者(Performer Barry Tuckwell
指揮者(conductors Neville Marriner
楽団(Orchestra the Academy of St. Martin-in-the-Fields
 
専門家推薦盤(Expert recommendation board Dennis Brain, Herbert Von Karajan; Philharmonia Orchestra
Günter Högner; Karl Böhm: Vienna Philharmonic Orchestra
Hermann Baumann, Nikolaus Harnoncourt: Concentus Musicus Wien(ナチュラルホルン)
Richard Watkins, City of London Sinfonia
  Johannes Hinterholzer; Ivor Bolton: Salzburg Mozarteum Orchestra
   
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典 252
レコ芸名曲名盤500 109
クラッシク不滅の名盤1000 
不滅フメツ名曲メイキョクはこのCDで
   
コメント 昨日サクジツに「ゾクき、管楽器カンガッキキョクいてみました。手持テモちの管楽器カンガッキキョク分類ブンルイをおえ、有名ユウメイなこのキョクがどれくらいあるのか、調シラべてみることにしました。新旧シンキュウのメンバがソロっていた。ザイフェルトがあったはずだが、タックウエル、バウマン、ブレインバンり、大満足ダイマンゾク、レコゲイ500ではタックウエルの評価ヒョウカが4バンヒクいが1バンにもってきた。




その②日本の国宝のありか


ようやく、9月も終わり、古都を訪れたい季節になってきました。これまでご紹介した、ブログのコラム欄の古都シリーズを整理しています。今日は国宝のありかを調べてみました。

日本の国宝のトップ10は次の通りで、個別のものを除くと殆ど、畿内にあるようです。絵画と工芸品は東京の博物館巡りが必須のようです。(国宝入門 大和田哲男著)やはり、戦災で、歴史的建造物の空襲を受けた土地は殆ど、残っていません。

ジュン 都道府県トドウフケン 件数ケンスウ 建造物ケンゾウブツ 絵画カイガ 彫刻チョウコク 工芸コウゲイ 書籍ショセキ 古文コブンショ/考古資料
/歴史
1 東京都トウキョウト 276 2 63 2 93 85 31
2 京都キョウト 231 50 44 38 15 54 30
3 奈良ナラ 199 64 9 71 35 11 9
4 大阪オオサカ 60 5 9 4 22 15 5
5 滋賀シガ 55 22 4 4 4 12 9
6 和歌山ワカヤマ 36 7 9 5 4 9 2
7 兵庫ヒョウゴ 20 11 2 1 2 3 1
8 広島ヒロシマ 19 2 2   9 1 5
9 神奈川カナガワ 18 1 6 1 6 4 0
10 栃木トチギ 17 7 0   4 5 1









その③古都関連のコラム欄のまとめ

これまで、ご紹介した、古都について興味のある、箇所をフォロー出来るようにのコラム欄をまとめてみました、詳細はブログ発効日またはメインテーマに戻っていただければご覧になります。
適宜拡大ください。


(In the past, was to introduce, for the ancient city, are interested, I summarized the column column of the relevant to be able to follow the point, details are to see if it is possible to return to the blog effective date or main theme.)

2016年9月26日月曜日

毎日のクラシック曲(第165回)

今日のお勧め曲はブラームスの「クラリネットソナタとクラリネット三重奏曲」を選びました。クラリネットの有名な曲の一つの様です。ソナタは出だしの旋律は聴き覚えがあるかと思います。吹奏楽を経験された人は良く、ご存知でしょう。

今回はあわせて、トリオ曲も聴いてみました。クラリネット三重奏曲は始めて聴いた曲です。クラリネットはリード楽器といわれ、フランス産の植物(畑に育つ葦)を乾燥さたもので、太さによりオーボエ、ファゴットとクラりネットに使いわけられているようです。

このような、長い曲を吹くときはリードを事前にいくつか準備が必要だそうです。ちなみに、クラリネットはシングルで、オーボエやファゴットはダブルとのこと、リードの解説を読みながら、この曲を聴いてみました、ソロ曲もいいものです。

「管楽器の名曲名盤」によると、ブラームスのクラりネット曲はソナタ・三重奏曲と五重奏曲を推薦していました。この本は、管楽器を単独で詳しく解説してくれており、アマゾンで手に入れました。お勧めします。

ちなみに、ブラームスのクラリネット五重奏曲はモーツアルトの曲と並んで、この楽器の双璧をなすといわれています。

今日のお勧め曲


日時(date) 2016/9/31
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Brahms
分類(Classification 室内シツナイガク
曲名(Song Title) Clarinet Sonata #1、2&Clarinet Trio Op.114
演奏者(Performer Karl Leister, Gerhard Oppitz
指揮者(conductors  
楽団(Orchestra
 
専門家推薦盤(Expert recommendation board Ernst Ottensamer & Stefan Vladar(Clarinet Sonata)
Alfred Prinz/Adalbert Skocic/Jörg Demus(Clarinet Trio)
Leopold Wlach(Clarinet Trio)
Karl Leister, Georg Donderer, Christoph Eschenbach(Clarinet Trio)
  Meyer. Le Sage(Clarinet Sonata)
 Richard Stoltzman (Clarinet Sonata抜粋)
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典
レコ芸名曲名盤500 109
200CD管楽器の名曲・名盤 
 
   
コメント アマゾンで管楽器カンガッキ参考サンコウショ購入コウニュウしたので、このキョクがあるか調シラべ、あわせて、いてみることとした。ソナタが4マイ、トリオキョクが2マイあった。五重ゴジュウソウキョク数枚スウマイあったが、次回ジカイとした。さすがにモーツアルトのキョクオオいが、意外イガイとこのサクキョクスクないようだ。しかし、オモだったところがり、満足マンゾク



管楽器の参考書が手に入ったので、これまで、整理できていなかった。このジャンルの整理が進む、名前と楽器名が不明だったので、かなり便利に仕分けできろこととなる、指南本の効果が出るだろう。

2016年9月25日日曜日

日曜日の落語(第32回)

今週の落語は「小言念仏」と「鮑のし」を選びました。小言念仏はお経を上げながら、家族や周囲に小言(注意)をし続ける、という噺で、泥鰌屋を呼び止めるくだりは、抜群です。
小三冶の十八番です、あまりにうまいので、多に追随を許さない噺振りです。是非一度、お試しください。うまい具合に若い後継者が育つと良いのですが。

「鮑のし」はあまり、聴いた覚えがありません、元もと、「祝いのし」といわれて、上方にあった話で関東に移されて演じられています。上方は春団冶盤がありました。

おめでたい時の贈りものに鮑を選んだため、大家に怒られ、困った、祝い返しを期待した男はさて、どうするか、亡くなった、円楽の噺がありました。春団冶盤の大阪弁は少し方言が「きつい」喋りで、関東の方は聴きずらい点もあります。


その①




日時ニチジ 2016・09・25
ジャンル 落語ラクゴ
音源オンゲン
演者エンジャ 柳家 小三冶 十代目 
分類ブンルイ
演題エンダイ 小言コゴト念仏ネンブツ
出典シュッテン
落語ラクゴ舞台ブタイ*
その他演者名 三遊亭 金馬 三代目
柳家喜多八(Youtube)
春風亭柳橋 Youtube
推薦スイセンホン 落語CD&DVD名盤案内134
古典コテン落語ラクゴ興津オキツカナメヘン) 170
演題コメント このハナシサン十八番オハコで、有名ユウメイ作品サクヒン抜群バツグン間合マアいでカタるいい後継者が出てくるといいのだが、キンもよい。ワカヒトハナシはYoutubeにあった。

その②

日時ニチジ 2016・09・25
ジャンル 落語ラクゴ
音源オンゲン CD
演者エンジャ 三遊亭円楽
分類ブンルイ
演題エンダイ アワビのし
出典シュッテン
落語ラクゴ舞台ブタイ*
その他演者名 五代目古今亭志ん生
桂春団冶(イワいのし) 
推薦スイセンホン 落語CD&DVD名盤案内34
古典落語 これが名演メイエンだ (キョウカイミツヘン)126
演題エンダイコメント あまり演じられることがスクないのかハジめていたハナシ、志ん生は録音ロクオンフルくて、きずらい、上方カミガタバンもあったが、言葉コトバ強烈キョウレツで、イマでは使ツカわないハナシり、



お勧めの落語もどんどん進み、段々、有名な演題も終わりつつあります。これからは、殆ど、これまで、聴いたことのない演目が増えてきます。おそらく、100演目を超えると、有名な噺はほぼ、網羅されていくようです。今後は、噺により、演者が1人だけなりそうです。
参考にしている、「落語CD&DVD名盤案内」は200点の解説演目がありますが,文庫本の解説書で、50演目程度です
筆者のCDライブラリーでは250演目、近くありそうですが、一人演者が増えてくる時期が来た時点で、3演目/回・人として、ペースを変えることとなりそうです。

2016年9月24日土曜日

週末のジャズ(第32回)

今週のジャズはベニーグリーンのピアノ曲をいくつか選びました。今でこそ、ピアノはジャズのメインの楽器になっていますが、古くはサブの楽器だったようです。

ピアノが、ジャズの歴史を変えた履歴がないそうだ。メインとなるのは1980年代以降とのこと、古くは、やはり、ホーン楽器が主であったようだ、ベニーグリーンはアート・ブレイキーのジャズメッセンジャーズに入るため、出演場所に詰め掛け、ピアノを弾いて見せて、採用されたといういきさつがある。

少し、テンポが最近の曲と違いますが、静かにジャズピアノが聴けます。解説書によるとBlue Noteに彼のよさが集約されているとのことです。白人で、ピアノを打ち付けるスタイルは素晴らしく、若い人の見本となろうとある。

大御所と違い若手に入る。ジャズは、有名な人の演奏もよいが、こうゆう人の演奏が、ジャズを楽しむ一つです。このブログは有名な人の演奏だけで終わらないように考えています。ゆっくり、2-3年お付き合い下さい。



今週のジャズ

お勧め回数 32回目
日時 2016・9・24
ジャンル ジャズ
音源 CD
演奏者 Benny Green
演奏者国籍 アメリカ
楽器分類 ピアノ
主な推薦書
Myベストアルバム★ Green's Blues ★ ②⑥
Blue Notes ★
主なアルバム名と推薦本 Green's Blues ②⑥
Blue Notes
Naturally
The Place To Be
These Are Soulful Days
Bennie Green
コメント ウイキペデア
ベニー・グリーンは、ハード・バップ・ジャズのピアニスト。アート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズの一員でもあった。 ウィキペディア
生年月日: 1963年4月4日 (53歳)
生まれ: アメリカ合衆国  ニューヨーク
参加ユニット: The Jazz Messengers


参考サンコウ推薦書凡例 ジャズ喫茶マスターこだわりの名盤 鎌田他
モダン・ジャズの名演・名盤 岩浪
モダンジャズ決定盤 岡崎・大和
ジャズピアノ決定盤 佐藤
ジャズサックス決定盤 小川
辛口JAZZ名盤1001 寺島
ジャズ・ヴォーカルの名演・名盤 岩浪
んでから厳選ゲンセンジャズメイバン 小川オガワ


昨日、陶芸教室があり、現在、大物の壷に挑戦しており、仕上げ削りと、表面に掘り込み装飾をトライ、簡単な絵柄なら、よいが、複雑になると、根気が続かない、今日も、再チャレンジ、生の状態でないと、硬くなると、手が出せない、失敗も良しである。3kgを超えると、難易度があがる、練習しかないようだ、確実に器になっていく、陶芸は面白い遊びだ。
こんな曲を聞き流して、やりたいが・・・

週末のオペラのご案内(第35回)

 今週のオペラはヴェルデイの「仮面舞踏会」を選びました。このオペラはヴェルデイが音楽とドラマを緻密に結びつけた記念碑的な作品といわれています。  スウエーデン国王暗殺を題材としているが、17世紀のアメリカのボストンに置き換え演じられるが、最近では元の題材で演じられることも多...