2016年9月2日金曜日

毎日のクラシック曲(第149回)

今日のお勧め曲はJSバッハの「インヴェンションとシンフォニア」を選びました。JSバッハが息子のために訓練用の楽譜を清書したものだそうです。短い曲が全部で30曲あります。

ピアノを演奏される方だと、分かるようですが、各部を正確に弾き分ける目的で作られたとあり、教育用に限らず、芸術的価値も高い。名曲で、良く演奏される。

シンフォニアも同じ目的で作られたが、演奏の難易度は高いそうである、短い曲集であるので、BGMでも、充分楽しめますが、多彩な情感を曲をあじわえる曲といわれています。チェンバロとピアノで演奏されるCDが数多くあります。是非お聴きください。

最近買った3TのHDDに「管楽器曲集」と「室内楽団名盤集」となずけて、古いHDDのバックアップ、中のフォlルダを夜中に2日がかりで、コピーした、PCの動きを眺めていると、まだまだ、聴いていない曲の多く、驚いている。

交響曲、協奏曲、管弦楽曲に比べて、室内楽や管楽器の演奏CDが取り上げられる機会が少ないのは、大きなホールで人を呼ぶという、商業的な要素だけだろうか?今日のような地味な曲もそうだろうか、


今日のお勧め曲


日時(date) 2-Sep-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer Bach
分類  (Classification)       
    
 器楽
曲名(Song Title)  Inventions&Sinfonia (BWV772-801)
演奏者(Performer Gustav Leonhardt
指揮者(conductors  
楽団(Orchestra  
  András Schiff
専門家推薦盤(Expert recommendation board Glenn Gould
Peter Serkin
 
 
   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典
レコ芸名曲名盤500 11
クラッシク不滅の名盤1000 
ピアノ名曲メイキョク名盤メイバン1053
200CDピアノ&ピアノキョク
   
コメント このキョク古楽コガクのレオンハルトを1バンいてみます。ツギにグールド、シフ、ゼルキンのジュンとしました。チェンバロのキョクと、ピアノのキョクがどう雰囲気フンイキコトなるかタノしめます。日本人ニホンジンのCDも数多カズオオくあります、次回ジカイタノしみにノコしておきます。グールドバンはインヴェンシオンとシンフォニアが交互コウゴ演奏エンソウされて独奏ドクソウテキといわれています。





0 件のコメント:

コメントを投稿