2016年9月16日金曜日

毎日のクラシック曲(第159回)

今日のお勧め曲はハイドンの「ピアノソナタ集」から選びました。実はピアノ協奏曲を予定していたのですが、アルゲリッチとトン・コープマンの2枚しかなく、このソナタ曲集を選びました。

クラヴィーア・ソナタ曲の方が、協奏曲より、多く演奏され、巨匠のCDもかなりありました。ソナタは50曲ほどあるようです、おそらく、全曲盤もいくつかありそうです。機会があれば、再度、取り上げたいほど、あるようです。

解説書によると、23,32,34,36,48-50番がお勧めとあります。フォルテピアノ盤と現代のピアノとの違いも面白いところです。ハイドンは交響曲の父といわれるぐらい交響曲が有名ですが、モーツアルト以前に、これだけのクラヴィーア曲を作られていたとは、驚きました。時間がかかりますが、BGMで楽しめる曲です。


今日のお勧め曲

日時(date) 15-Sep-16
ジャンル(Genre Classic
音源(sound source CD
TV局  
作曲者(composer)    Haydn
分類(Classification 器楽曲キガクキョク
曲名(Song Title) Piano Sonata(#19、32-60)
演奏者(Performer Glenn Gould(#42,48-52)
指揮者(conductors  
楽団(Orchestra
 
専門家推薦盤(Expert recommendation board András Schiff(#32-60)
Ivo Pogorelich(#19,46)
Wilhelm Backhaus(#34,48,52)
Andreas Staier(#48.49.50,51、52)(fp)
  Alfred Brendel(#32、34、37、40、42,52)
   Roland Batik(#28-38)
   

   
推薦図書(Recommendation book クラッシク音楽鑑賞辞典N/A
レコ芸名曲名盤500 199
クラッシク不滅の名盤1000 
ピアノ名曲メイキョクメイバン1053
   
コメント 昨日サクジツのピアノ協奏曲キョウソウキョクゾクき、ハイドンのピアノソナタキョクエラんだ、有名ユウメイキョクで、かなりのカズのCDがあり、巨匠キョショウ演奏家エンソウカ録音ロクオンしている。フォルテピアノとのチガいをクラべることが出来デキる。手持テモちの協奏曲キョウソウキョクは2テンしかないが、ソナタ曲は非常に多い、こチガいは?リヒテルバンがなかったが、ローランド・バテックなるピアニストを始めて聞いた。
注:ハイドンの協奏曲も入れている。



0 件のコメント:

コメントを投稿